2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水生植物公園 みずの森 | トップページ | 琵琶湖博物館 »

2007年7月 2日 (月)

続・水生植物公園みずの森

草津市の「水生植物公園みずの森」続編です。

スイレンとハスで目一杯楽しませてもらいましたが、
園内はシンボルモニュメントの噴水があるコミュニティ広場から
花影の池を見てコニファーの森へと左回りに見て行きました。

 Pict0033_5

山のこみち、湿生花園へと園芸種も含めて四季の花・木があります。
いろいろ知らない花も多いんですが、まず目についたのはこれ。

 Pict0047_9
ハンゲショウ、
別名カタシログサ(片白草)でやはり湿地や沼地に生える。
ちょうど中間部から右半分を撮っていますが
かなりの群生でした。

 Pict0046_10
夏至から11日目の7月初旬(1日か2日)が半夏生で、
その頃に白い葉をつけることからこの名があるそうですが。

次はネムノキですが、
名はネムノキ・サマーチョコレートだそうです。

 Pict0050_2
葉がチョコレート色しているからでしょうか? でしょうね。

 Pict0048_6
こんなのがあるんですね~、
初めは花が何処にあるのか?・・・も。

花を紹介すればキリがありませんが 、
とにかく名前がもう難しくて和名にならないカタカナには
とても馴染めませんわ。

見ていく途中に「秋の七草園」がありました。
代表はハギですが他に咲いていたのはキキョウ、
ナデシコです。

  Pict0086
草津にはハギの名所「野路の玉川」がありますが、
萩の傍に広重の浮世絵が描かれた案内板が立っていました。 
ちなみに歌は
”あすもこむ野路の玉川萩こえて色なむ浪に月やどりける” 
源俊頼。

そしてこの花?でいいのかな、どうしても知りたかった名前でした。
ポンテデリア・ランケオラタ (BONではなくPONです)。

 Pict0094_2
ハスやスイレンを見に行くとよく咲いているので、
いったい何という名かと気になっていたんですが・・・
やはりすごい名前でした。

この公園の少し離れたところに
「滋賀県立琵琶湖博物館があります。
ここがまた楽しいところで、
家族連れがたくさん訪れていました。

« 水生植物公園 みずの森 | トップページ | 琵琶湖博物館 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

水生植物園には、こんなのも咲いていたんですねえ。
ハスだけかと思っておりました。

ハギですが、秋の七草なのに、なんで今頃咲くんでしょうね?
三室戸寺でも咲いておりました。
コスモスと同じく、結構アバウトなのかな?

琵琶湖にわよく行きますが、草津はいったことがないな。彦根や長浜、余呉湖、海津大崎、湖北、7月13日マキノ高原にハイキングに行きます。
草津、近江八幡、安土方面に一度行って見ます。
湖南でここを見なければ、あったら教えてください。

Igaさん、いろんな花がありました。

>ハギですが、秋の七草なのに、なんで今頃咲く
ハギも早いヤマハギなどは6月頃から咲き出すようですよ。
一般的なミヤギノハギで7月頃のようですが、今年は分かりませんね。


遊民さん、私もここは初めてでした。

おっしゃるところは一応行っていますが何所もいいところですね。
>湖南でここを見なければ
ここは街道歩きと寺(湖南三山)めぐりでしか行ってません。
秋は楽しみですが、どちらかというと地味な感じですかね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/15617711

この記事へのトラックバック一覧です: 続・水生植物公園みずの森:

« 水生植物公園 みずの森 | トップページ | 琵琶湖博物館 »