2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 谷汲山華厳寺・奥の院 | トップページ | 紅花咲く芭蕉の故郷 »

2007年7月10日 (火)

梅花藻・醒ヶ井宿

梅花藻(バイカモ)で有名な米原市醒ヶ井の地蔵川が
今週末からライトアップされるという・・・、
もうそんな時期かと昨日行ってきました。

一部では群生も見られたが、
今年も水量が多く花はまだ少し早かった。
今年もまたバイカモとの付き合いが始まる。

 Pict0046_12 

この花、撮るのが難しい水中花で(もちろん自分にはです)、
何度も挑戦してはことごとく失敗している。みんなボケボケ!で
今年もまた同じ繰返しに・・・。

 Pict0063e 
でも何かは載せないと・・・と、
いうことで何とか耐えられる写真を載せてみましたが、
こんな花です。
水が少ないと水面に立ち上がります。

やはり去年も7月初旬と月末に行きましたが、
やはり初旬はダメですね。

 Pict0057_8   

写真は名神高速に近い民家の傍の
流れに咲くバイカモの群生です。
小さいから望遠で狙うしかないんですが、
我が愛機のテレコンでは手持ちのサーキュラーPLが
使えないので水面撮影は標準装備のの200ミリです。

 Pict0050_3 
この群生があるところは町の中心部から少し外れているため、
見事な清流とはいきません。
特に花が立ち上がっているところは流れも弱いために
汚れが目立って(2、3枚目)写真的にはイマイチなんですが・・・。

 Pict0013_13
でその綺麗な水です。
梅花藻は水の中の小さな点にしか見えませんが、
地蔵川の清流と今日もまた紫陽花です・・・ トホホ~、
水に紫陽花はよく似合うわ。

しかしこのままで終わるわけにはいかん! 
となると、リベンジ!しかない。
さて、次はいつになるのやら?
”バイカモに映える百日紅の花の散る頃に・・・” 
ここのキャッチコピーです。

« 谷汲山華厳寺・奥の院 | トップページ | 紅花咲く芭蕉の故郷 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おぉ~っ、もう梅花藻が咲いていましたか!
自分も昨年の7月の終わりにここに行きまして、
水中写真の記事など書いております。
http://blog.goo.ne.jp/iga009/e/3125cf0b35f62555452d0aa205e04d68

この梅花藻、花が小さすぎるうえ、傍に寄って
クローズアップなどできないから、綺麗に撮るのが
難しいですよねえ。
リベンジは好好爺さんの代わりに、私が近い内に・・・
行けるかなぁ~?

Igaさん 水中撮影ですか~なるほど。

このグッズ、結構綺麗に撮れるんですね!この発想はなかったな~。
水温14度にはちとつらいでしょうけどびっくりしました。
>リベンジは好好爺さんの代わりに、
ぜひお願いしますわ、どうしたらモノにできるか分かりません。
次にはもう何とかしなければと必死です(笑)。
しかし凄い女がいるもんですね~。

梅香藻!
こんな花があるなんて、初めて知りました。
美しいですね~

花兎さん もっと綺麗なのを見てもらいます。

といいながら・・・さてどうしようかと悩んでおります。
月末か8月初旬になるともっともっと綺麗な花が清流に咲きます。
でも上手く撮れるかどうか?楽しみにしていてください。

最近は、これを目当てのツアーバスも出るようになった・・・と、湖東三山のバスツアーの時のガイドさんが言ってました。
なるほど、すごく美しい風景ですね。
でも、ちょっとびっくりことがあります。
息子が人からもらってきた水草・・・
かわいい白い花が咲いていたのですが、
なんと、梅香藻だったんですね。
この記事を見て、初めて気づきました。

きみこさん ツワーは伊吹山とのセットが多いみたいです。

もう少し綺麗な流れの写真が撮れればよかったんですが。
>かわいい白い花が
これがたまらなくて行くんですが、見るのは楽し、
撮るのは難し・・・です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅花藻・醒ヶ井宿:

« 谷汲山華厳寺・奥の院 | トップページ | 紅花咲く芭蕉の故郷 »