2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 月見の森・ささゆり園 | トップページ | 古地図で歩く四間道 »

2007年6月 5日 (火)

桑名・九華公園と六華苑

三重県桑名市の九華公園で開かれている 「花菖蒲まつり」・・・、
といっても今は何のイベントはなくただ菖蒲園を覗いてみました。

桑名城址の本丸及び二之丸跡を利用した公園に
三つの菖蒲園があって、
ここにあの伊勢誉(伊勢ナデシコ・伊勢菊で伊勢三名品)
がある・・・はずなんですが?

 Pict0027_9
菖蒲園の一つはまだほとんど咲いていません。
残りの二つも半分ぐらいで
これはまつりの終わるごろ(~15日)が最盛期になるのではと?
ちょっと同情したい状態です。

さて、問題の伊勢誉ですが?
特徴である花弁の垂れた縮緬地の三英咲き、
そしてくも手といわれる雌蕊の先の細かい切れ込みが
ある花を探すんですが?これがさっぱり分かりません。
色はやや濃い紫!・・・
よく似たのはあるんですが?自信がない。

 Pict0005_1_1
似ているが花弁がさらりとし過ぎ?
でもこれが一番近いんですが。

 Pict0013_9
花弁は縮れているんですがくも手の色と形がちょっと違う?
やはり自分で見つけてこれだ!というのは難しいですね~。

昨年見た花の写真は頭に叩き込んでるんですが役にたちません。
その写真紹介します。

 0620isehomare
これが伊勢誉です、(撮影06年6月20日、亀山公園にて)。

このときはただ百種ほどの花を撮りまくっただけで、
何の意識もなく花アルバムの感じでした。
今年は何とか菖蒲らしい伊勢誉をと思っているんですが、・・・さて。
 
で、花菖蒲は置いといて、
近くにある六華苑(旧諸戸清六邸)に寄ってみました。
桑名市が諸戸家から建物の寄贈を受けて整備し、
平成5年に一般公開されたものです。

現役時代に訪れて以来、
ちょうど14年ぶりの再訪になりました。
 
 Pict0066
あの鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドル氏による洋館は、
地方に残る唯一の作品として知られています。

Pict0041_1_2 Pict0053_3
併設されている和舘も大規模なもので、
これが山林王と呼ばれた桑名の実業家の邸宅なんでしょうが、
和と洋の贅沢な部屋はもう現実とかけ離れすぎていて、
驚きも何もありません。

 Pict0046_7
ちょっと写真的に遊びごころで。

 Pict0068_3
あとはただ漫然と見て回るだけでした。

隣接する「諸戸氏庭園」も公開中で、
ここの菖蒲池・八橋の花菖蒲は今がちょうど見頃でしたが、
残念ながら伊勢誉はありませんでした。

« 月見の森・ささゆり園 | トップページ | 古地図で歩く四間道 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/15323408

この記事へのトラックバック一覧です: 桑名・九華公園と六華苑:

« 月見の森・ささゆり園 | トップページ | 古地図で歩く四間道 »