2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 水口・大池寺蓬莱庭園 | トップページ | 余呉湖・賤ケ岳ハイキング »

2007年5月11日 (金)

滋賀県立陶芸の森・信楽

今日は久しぶりに信楽の陶芸の森へ出かけた。
信楽の散策には前も来ているが陶芸のには寄らなかったから
懐かしいというか、新緑のせいか何か新鮮です。

 Pict0008_7
上から見ると前からこんなんだったかとと思うぐらいだから、
ほんとに久しぶりでした。

一回り散策していたら、県立陶芸の森・陶芸館で開催中(~6/3)の
特別展「ようこそたぬき御殿へ~おもしろき日本の狸表現~」が
面白そうなので入ってみる。

Pict0007 Pict0006_5  
例によって撮影禁止で入り口のみの写真です。

第一章から五章までのテーマで構成されていて、
第一章は「狸のイメージと狸ばなし」、
第二章は「描かれた狸-絵画にみるたぬきの表現」、
      浮世絵”狸の戯(たわむれ)や、諺の”狸の金玉八畳敷”
      の解説。これは面白かったな~。
第三章は「たぬき像は何を語るか・・・」
      狸の置物の姿は三つ、”酒買い狸”は笠をかぶって通帳と
      徳利を持ったお馴染みのもの。
      二つ目は”狸和尚”、”勧進狸”に”腹鼓を打つ”姿など。
・・・とメモをとっていたらインクがなくなってしまった。

後は全国、といっても備前、常滑焼きの狸や、
狸の”香合”の焼き物が並び、最後は現代のアーチストたちの
ちょっと変わった狸の作品が展示されています。

この後、こんな散策道があるとは知らなかった
「玉桂寺散策道」を楽しんだんですが、

 Pict0022_4
間伐された林の中にウッドチップの道が整備されていて、
陶芸の森から玉桂寺までゆっくり散策できます。

これはちょっと気分転換にはもってこいでした。
少し散策道周辺のスケッチを。

 Pict0014_8
玉桂寺駅と寺を結ぶ吊り橋は散策道の一部ですが、
前からあったか記憶にありません?
ここもそれぐらい来てないってことです。

駅の近くにあった自然藤です、

 Pict0015e
これは見事な一本藤?だと思ったんですが
木がどうなっているのかみたくても近寄れませんでした。

 Pict0013_4
そして信楽高原鉄道です。
ローカルそのものではありませんか。

信楽町、狸の町の表には無い里山の風景をしっかりと
見せてもらって、これが今日の一番の収穫でした。

« 水口・大池寺蓬莱庭園 | トップページ | 余呉湖・賤ケ岳ハイキング »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/15033480

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県立陶芸の森・信楽:

« 水口・大池寺蓬莱庭園 | トップページ | 余呉湖・賤ケ岳ハイキング »