2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏は来ぬ | トップページ | 京都奥嵯峨・厭離庵 »

2007年5月 3日 (木)

”むべなるかな”・金剛輪寺

4月27日と少し古くなりますが、
湖東三山「西明寺」の石楠花を見た後に
隣の「金剛輪寺」に寄りました。

ここの名勝庭園入口にある池の傍に石楠花があります。
拝観受付で様子を聞いたら今年はまったくダメとのことで、
迷ったんですがせっかく来たので参拝することに。

 0427kotosanzan045
花はご覧のとおりで、なるほどこれはひどすぎます。

あきらめて庭園を見ていたら
庭の中央に「むべ(郁子)・アケビ科」があって花が見頃でした。

 0427kotosanzan051
初めて見る花(木?)でした。
秋にはアケビに似た実をつけるそうですが
熟れても裂開しないとのこと、ただ食べられるそうです。

 0427kotosanzan055
 0427kotosanzan056
近くの近江八幡市北津田町には
この「むべ」にまつわる伝説が残っていて、
狩に来た天知天皇が村人の不老長寿に”どうしてか”と訪ねられ、
このむべの実を食べていると差し出したところ、
その実を食べて発した一言、”むべなるかな” が語源だそうです。
その”むべ”を町おこしのシンボルにしている・・・とネットにありました。
私的には珍しかったので時期ずれですが敢えてUPしました。

こちらは庭園からの一枚、久しぶりに遊びごころで。
もう少し石楠花が咲いてくれていたらね~と。

 0427kotosanzan059
ちょっとバランスが悪いんですが最近なぜかこうなる?んです。

紅葉のときにもチャレンジしたんですが、
もう人の顔ばかりでとても画になりませんでした。
思うようにはいかんものです。
今日は京都の愛宕山に行ったんですが、もうバテバテで。
古いネタになってしまいました。m(__)m 
ちなみにこの”むべ”、西明寺の庭園にもあり咲き初めでした。

« 夏は来ぬ | トップページ | 京都奥嵯峨・厭離庵 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”むべなるかな”・金剛輪寺:

« 夏は来ぬ | トップページ | 京都奥嵯峨・厭離庵 »