2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 町並み散策・名張続編 | トップページ | 続・おふさ観音バラまつり »

2007年5月19日 (土)

おふさ観音バラまつり

どうしても行ってみたかった「花まんだら・おふさ観音」です。

いきなり駐車場が満車で他に何所にあるのか?うろうろとします。
結局近くの「藤原宮跡臨時駐車場」に止めて歩きました。
今はちょうど「バラまつり」、
ここは”様々な花が調和の中に咲き誇る境内を
仏の世界になぞらえて「花まんだら」”というそうです。

Pict0012_6 Pict0019_7  
山門を入ると境内一杯にバラの花が咲いてミニバラ園です。
”可憐に優雅に咲競うイングリッシュローズを中心に薬500種が”
とキャッチにあります・・・・・。 確かに凄いわ!

本堂の片側半分を包み込むように、小さい?境内に凄い数です。
とりあえず珍しいこの色、名札は全て付いていましたが花中心で
名前はエクスキューズです。

 Pict0021_9
とにかくバラの説明は苦手ですので、ただ並べてみます。

 Pict0022_6
 Pict0026_3
 Pict0032_4

ここは入山料がいりません。
大和ぼけ封じの寺として、ここと安倍文殊院を結ぶ道があります。
爺もぼけ封じの寺に行きながら祈祷をお願いしなかったせいか、
この道の名前が思い出せませんわ!何だったかな~。

 Pict0027_8
でもやはりお寺です、「諸願成就」の絵馬ですかね? が掛かります。
この後雨になりました。

再三流れる”生人形公開中”のアナウンスに、
雨宿りを兼ねて本堂を拝見しましたら、
なんとあの名張で見た「生き人形師・安本亀八」作の
生人形を見ることができました。

現存する十数体の二つ目でしたが、ここの説明では数体?とか。
そんなことはどうでもいいんですが、
この後は雨に濡れた薔薇です。

 Pict0037_3
花開く前のバラです。

長くなりますので開いた花は明日に載せます。
雨に濡れたバラの花、また一味違って趣があります。

« 町並み散策・名張続編 | トップページ | 続・おふさ観音バラまつり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おふさ観音バラまつり:

« 町並み散策・名張続編 | トップページ | 続・おふさ観音バラまつり »