2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 御衣黄と鬱金桜 | トップページ | 春の野の花・月見の森 »

2007年4月19日 (木)

里山に春の野の花

今日は青空のなか里山に野の花を撮りに出かけた。
目指すは菰野町の「三重県民の森」、
行く途中は田園風景が広がり目の前に鈴鹿連峰が迫る
のどかな所です。

 Pict0001e
田園風景といえばこの時期、目にするのはレンゲ畑でしょう。
走っていてようやく見つけたレンゲ畑、菰野町潤田付近ですが
花はまだ満開には早く少ないですね。

 Pict0002_4
強風で花が揺れてどこにピントがあったのやら?
花が左に流れてます。

こちらはなんと、ヒバリじゃないですか!(と思います)。

 Pict0012e
これもボケボケですが、ヒバリですよね、ね。
飛んだら上で飛んでいたのと一緒に鳴いていたから間違いない?
と思うんだけれど、鳥は自信ないな~。

   やっぱり違っていました(-_-;) 
      ⇒ 教えていただきました、ホオジロでした。

 Pict0001_10
昔はいたるところで見かけた風景ですが、今は探すのが大変です。
ここは今でもかなり残っていますが、それでも少なくなりました。
山は、左が鈴鹿の槍といわれる鎌ケ岳、右は主峰御在所岳です。
目の前がゴルフ場の三重カンツリークラブです。
ここから「三重県民の森」はすぐ。

桜の記事は先に書きましたが、里山の野の花は何処も一緒ですね~。
なかで珍しい花がありました。

 Pict0052
遊歩道(といっても何本もありますが)に咲いていたヒメハギです。
なかなかアップを撮るのはしんどいんですが(腕が悪い?年です)、

 Pict0054_1
横から撮ってみましたがこんなもんです。

紫系が続きましたから一枚黄色を入れます。

 Pict0021_3
キンポウゲ(ウマノアシガタ)です。
春の野草でよく知られています。
春はやはり黄色系ですかね~。

撮り溜めた他の花はまた機会があったら紹介しますが、
なかなか珍しい花にはお目にかかれません。
やっぱり地面に這いつくばるより上に見る花のほうが楽ですわ。

« 御衣黄と鬱金桜 | トップページ | 春の野の花・月見の森 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

レンゲ畑、ほんと私が子供の頃でさえどこにでもあったのに、
いつの頃からか見ることが少なくなりましたね。

鳥さんですが、遠目なので断言できませんが、これはおそらく
ホオジロではないかと思われます。

街育ちには、あこがれのレンゲ畑です。いい眺めですね~♪
鳥の声が聞こえてきそうです♪

Igaさん

ありがとうございました。

>ホオジロではないかと
はい!そのとおりでした。
顔というか頭の特徴をもっとよく調べれば分かったんですが。
草叢から飛び出す鳥は何でもヒバリだと思っとりましたんで。
勉強になりましたm(__)m


恵美さん

チョッと早かったですね~。
レンゲの絨毯とまではいきませんだが一箇所だけは何とか?
御在所岳に行く道なのでチャンスはまだあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山に春の野の花:

« 御衣黄と鬱金桜 | トップページ | 春の野の花・月見の森 »