2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 京都・宝鏡寺門跡人形展 | トップページ | 妙心寺・麟祥院 »

2007年3月 2日 (金)

北野天満宮・御土居の梅

宝鏡寺の人形展を見ての帰りに北野天満宮と妙心寺に寄る。

今回は最初の北野天満宮の梅。
梅苑を見るより境内の梅のほうが写真的にはずっと画になる。

 0301kyoto003
普通なら境内だけでもいいんですが、
見たかったのは御土居下の梅苑で、
これは入場料を払わないと見れない。

御土居は、豊臣秀吉が、天正19年(1591)に戦乱で荒れた京都を
外敵の来襲に備える防塁と、鴨川の氾濫から街を守るたに築いた
土塁で、現在9箇所が遺構として残っている。
ここ天満宮境内の御土居は最後に追加された遺構だそうです。

紙屋川に沿って残る御土居下は散策路が整備されて、
のんびりと歩くには格好の場所(人出によってはそうはいきませんが)。

 0301kyoto013
南端にある梅苑はしだれ梅もあって、
白梅、紅梅が咲き乱れる人気のスポットだけに人が多い。

 0301kyoto017
・・・と思ったらこれでも少ない方だと?おっしゃる人も。
なら、土・日は大変だろうな~とついつまらん心配をしてしまう。

 0301kyoto019
たまに人が途切れたときを狙って人のいないしだれを撮ったが、
こんな画が撮れるのはやはり人が少ないからかな?
梅苑の窓口には見頃とあったが、満開にはまだ少し早いようで
そのせいもあってか梅苑より境内の人の方が多かった気もした。

 0301kyoto022
御土居に戻る坂の途中から趣味の一枚ですが、
これが本当の自己満足!ちゅうもんですわ。 あはは・・・(-_-;)

梅苑に戻って茶菓をいただき、久しぶりの「天神さん」を後にする。

このあと妙心寺に行き、春日局の菩提寺「麟祥院」を拝観する。
これはまた次回に・・・。

« 京都・宝鏡寺門跡人形展 | トップページ | 妙心寺・麟祥院 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

北野天満宮では、まだ満開でしたか!
大阪ではだいたいシーズン終了してしまい、京都も
似た様なもんかな?と思っておりました。
ここも梅写真を一度は撮りに行きたいと思ってるんですが、
人出の多さを想像すると、それだけで気力が萎えてしまい、
未だにこの季節に行けずじまいです。

Igaさん、こんばんわ。

梅苑はまだ満開には早いかと見ましたが、この日も
結構な人出でした。
ここはさすがに写真ネタはありますがおっしゃるとおり
人出が多すぎて、特に休日はすごいそうです。
今日は平日で人もそこそこのようでしたが、境内の梅も
御土居のしだれも程よく綺麗でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北野天満宮・御土居の梅:

» 北野 御土居の枝垂れ梅 [京・壷螺暮(こらむ)]
北野天満宮の梅苑には、 「御土居」の遺構が残っている。 梅苑のアップと分けたのは、 紙屋川沿いの枝垂れ梅は見事からだ。 [続きを読む]

« 京都・宝鏡寺門跡人形展 | トップページ | 妙心寺・麟祥院 »