2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 奈良街道追分から六地蔵 | トップページ | 奈良街道と勧修寺・一言寺 »

2007年3月 8日 (木)

奈良街道・随心院門跡

奈良街道・小野の街道沿いにある随心院門跡。
小町化粧井戸を見たあと殿舎を拝観する。

 0307narakaido021
正面にある薬医門、奥に大玄関が垣間見えます。
長屋門(工事中)の横から入っていくと庫裡の玄関です。
前に小野小町歌碑がありました。

0307narakaido031 0307narakaido033
”花のいろはうつりにけりないたづらにわが身世にふる
ながめせしまに”が刻まれ、傍に謡曲「通小町」と随心院・
深草少将、百夜通(ももよがよい)の説明板があって詳しい
説明が書かれていましたがこれは省略。

拝観料を払って案内順路に従い吊り籠のある廊下を行く。

0307narakaido036 0307narakaido038
表書院の畳廊下、左側の書院の間には狩野永納時代の
花鳥山水図、四愛の図の襖絵があるそうですが撮影禁止。

 0307narakaido041
本堂です。
慶長4年(1599)桃山期の建築で、寝殿造り。
堂内には本尊の如意輪観世音菩薩坐像を始め、
平安鎌倉期の諸仏が奉安されています。

このあと奥書院へと見ていきます。
撮影禁止の貼紙も無いので撮ってしまいましたが

 0307narakaido044
 0307narakaido045
奥書院の襖絵の一つ宮廷人物図。上が正面、下が右サイド。
節会饗宴の図だそうですが、他にもそれぞれの間に舞楽の図、
賢聖の障子、虎の図があります。

最後は小町に関するものから

0307narakaido047 0307narakaido049
左が小野小町うた屏風。
左右に歌二首づつが書かれているそうですが読めません。
右は小町縁の榧(かや)の実だそうで、深草少将百夜通の折に
この榧の実に糸を通して日にちを数えたとか?

街道歩きにしては一寺でえらく長い滞在になったんですが、
このあとも近くの勧修寺まで足を延ばしてしまいました。

« 奈良街道追分から六地蔵 | トップページ | 奈良街道と勧修寺・一言寺 »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント


どうも
TBありがとうございます。
小野梅園は京都の梅のシンガリを勤めるように
これから満開になるでしょう。

ここの梅は遅咲きなんですか。
外からしか見ませんでしたが結構綺麗に咲いてました。
知らずに行きましたが有名なんですね。
今年は暖冬、普通なら25日は見頃なんだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/14185988

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良街道・随心院門跡:

» 随心院 はねずの梅 [京・壷螺暮(こらむ)]
小野小町ゆかりの山科にある随心院。 境内にある小野梅園の梅が咲き始めた。 [続きを読む]

» 【052】  日本 京都山科 小野梅林 [写真-中国深センの日々 - Funny days in Shenzhen, Photos]
京都山科小野梅林 小野小町ゆかりのお寺、随心院の梅林です  → ブログ  2007年3月8日撮影 [続きを読む]

« 奈良街道追分から六地蔵 | トップページ | 奈良街道と勧修寺・一言寺 »