2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おひなさまめぐりin二見 Ⅱ | トップページ | 知多市佐布里池梅林 »

2007年2月 8日 (木)

知多市歴史民俗博物館

知多市歴史民俗博物館で3月4日まで開かれている特別展
「ひなまつり展~おひなさまと冬の暮らし~」を見に出かける。

二階の展示室に飾られた雛飾りと、冬の暮らしに使われた
昔の道具が部屋を模した一角に展示されている。
Pict0003_4 0209tita021

陳列ケースには賑やかしにか、大正琴、お琴、赤いつまおり傘、
おこしものに百人一首、土人形の雛飾りなどが並ぶ。

雛飾りは左側に年代を追って飾られている。
左から江戸時代、明治、大正、昭和初期そして昭和中期へと。
説明に寄ると大正時代までは内裏雛の男雛と女雛が
今と逆に置かれていたとある。

0209tita011 0209tita012
そのように置かれた大正時代と昭和初期の内裏雛です。 

今日は時代別にやはり女雛の中から選んでみました。

0209tita001_2 0209tita002_1
      江戸時代               明治時代

0209tita004_1 0209tita003_1
     大正時代               昭和初期

それぞれの時代に飾られた内裏さま(女雛)たち。
やはり表情も作りも違います。
これだけはっきりと違うちゅのも写真を見て気が付きました。
会場ではたくさん見ていたから思わなかったけど、何で?と
今思いながらこの記事を書いています。
ちょっと写真がボケてます。よほどフラッシュをと思いましたが、
なるべく光を当てないようにと気を遣いますのでご勘弁を。

飾りはこの親王飾りから、御殿飾り、屏風飾りと
現代に近くなっていきます。
0209tita023 0209tita026

今日もいろんなお雛様を拝見しました。
それぞれに時代の違いを感じて興味深いものでした。

ここの常設展は”先人たちの暮らしの知恵と生業、移り変わる
人々の生活を分かりやすく紹介している”とパンフにあります。
こちらもまた、一見の価値があるものが展示されていました。

« おひなさまめぐりin二見 Ⅱ | トップページ | 知多市佐布里池梅林 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

おこしもん・・・好好爺さんの住んでいらっしゃる所でも作られるのですか?
うちでは、近所の知り合いが作ったものをいただいてますけど・・・そろそろ、私も作り方を教えてもらって、調理実習しようかな、と思います。

きみこ さん

いいえ、こちら?いや家ではまったく作りません。
ひな祭りの風習として残るものでしょうが、本来は
ひな段に供え在所や親戚、近所に配ったものとあります。
>私も作り方を
米を石臼で挽いて粉にし、熱湯で練って型にいれおこしたもので、
色をつけ蒸して作ったものと説明にありますがどうでしょうか?

ネットで調べたら、レシピもありました。
「おこしもん」やはり、尾張名古屋の郷土食(菓子?)なんですね。
てっとり早く、上新粉を買ってきて作れば簡単そうですが・・・伝統的なものを本格的に作ろうとすれば、木製の型が必要みたいです。

きみこ、さん

>木製の型が必要みたいです
その木製の型が展示されていました。今思えばもう少し詳しく見てくれば
よかったか(笑) お雛様ばかりについ目がいってしまって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知多市歴史民俗博物館:

« おひなさまめぐりin二見 Ⅱ | トップページ | 知多市佐布里池梅林 »