2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山田洋次の原風景展 | トップページ | 東海道・二川から吉田宿 »

2007年1月12日 (金)

初歩き東海道

今年最初の街道歩きは少し短いところで、東海道・新居から二川宿。
新居町駅を11:30の遅いスタ―ト。すぐ前の旧道を新居関跡に向かう。
海の関所(かって新居と舞阪は浜名湖を船で行き来していた)として、
また現存する関所建物として貴重な史跡である。

 0112arai004 0112arai007
関所(面番所)の内部が人形により再現されていて意外にリアルだ。
他にも女改長屋(おんなあらためながや)、下改長屋、足軽勝手など。

 0112arai016  0112arai018
旅籠「きのくにや」を見学し、
本陣跡の石標や一里塚跡を拾って行きながら新居宿を抜ける。

  0112arai037 0112arai042
松並木の続く旧道を気持ちよく白須賀宿に歩くが、
途中の元町「一里塚跡」を見落とし、潮見坂下まで来てしまった。
戻る気もなくそのまま先を行き、坂を登ると潮見坂公園跡がある。
       0112arai054
逆光で画にならないが遠州灘を見下ろす絶景の場所だそうだ、
が、真ん中の建物が邪魔になって絶景が様にならない。


 0112arai055 白須賀宿の旧街道
ここから白須賀宿の本陣、脇本陣があるはず?がすべて見逃す。
散策マップをもらっても分からなかったが、どうやら建物はないようだ。

境宿を出るとすぐに境川を渡る。

     0112arai064  真ん中の黄色い標識が県境
ここが遠江(とうとうみ)と三河の国境(県境)である。
ここを歩きたくて今日の初歩き、
後少し歩けば愛知県の東海道を歩き終える。

少し先で国道1号線に合流すると、
何もない国道を延々と歩いて二川宿へ。
途中でまた、「細谷の一里塚」を見落とす。
何でこんなとこで見落とすのか?と思うような、
一面のキャベツ畑が国道沿いに続く。

二川ガード南で新幹線をくぐり
東海道線の北の道をしばらく行くと二川一里塚跡、
その先にある妙泉寺には芭蕉句碑(紫陽花塚)があった。

 0112arai067   0112arai068
句は
「あぢさゐや藪を小庭のべつ座敷」
元禄七年(1694)の吟。

ここからしばらくで二川宿の本陣資料館(本陣跡)がある。

 0112arai079 0112arai076
15:00、もう見ている時間がなく、拝観は次にして駅に向う。

次はここ、
二川本陣資料館を見学してから吉田まで残りを歩くことにする。

« 山田洋次の原風景展 | トップページ | 東海道・二川から吉田宿 »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

お~~っ♪ナイスなぶらり旅を、ありがとうございます!!
こちらでご紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
いやとは言わせない(笑) ^^ 。

これはこれは!恵美さま。

「梅初春五十三驛」三代目菊五郎から166年ぶりに復活。
当代菊五郎が4役!なんて記事を見ましたが?

えらい処のネタに紹介していただけるとは身に余る光栄!
なら、もう少しお化粧をして綺麗な記事にしておけば良かった。
ありがたいこってすm(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/13453011

この記事へのトラックバック一覧です: 初歩き東海道:

« 山田洋次の原風景展 | トップページ | 東海道・二川から吉田宿 »