2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大神神社(三輪明神) | トップページ | 浜松フラワーパーク »

2007年1月29日 (月)

東海道 大津から三条大橋

東海道の西の締めくくりにと大津から三条大橋を歩いてきた。
大津の春日町交差点から先の一部は小関越えですでに歩いているが、
東海道歩きとしての続きとして改めて歩き直す。

 0129sanjyo002_1 0129sanjyo006_1
国道161号線を少し行き蝉丸神社上社を見ると国道1号線に合流する。
坂を上りきると対面に「逢坂の関跡」の石碑と常夜灯が立っている。
国道を横断し少しだけの旧道を行く。右に蝉丸神社の分社がある。
京阪草津線と国道を跨線橋で越えしばらく国道を行く。

 0129sanjyo011_1 0129sanjyo015
「走井」の月心寺を見て坂を下り、名神高速を くぐって左の旧道へ。
すぐ先で「伏見みち」の追分を右にとり「京みち」へ。 

 0129sanjyo016  0129sanjyo020  
四の宮の先で国道2本を高架橋で渡りすぐ右に 折れると小関越の
大きな道標「三井寺観音道」 が建つ。

京都に入り四の宮から山科駅を右に見て道はまっすぐ西に行く。
再び国道に合流しJR琵琶湖線をくぐる。
右に天智天皇陵の入り口を見たら左へ細い道に入り、後は家の密集する
ほんとに細い道を道なりに日ノ岡峠へ向う。ここは車要注意!だ。

 0129sanjyo032 0129sanjyo035
御陵辺りから道は上りになると、途中に「亀の水不動」の亀の水がある。
道を上りきり右に国道が見え始めると「旧東海道」の新しい道標があり
すぐに国道に出る。国道の隅にかっての三条通りにあった車石を利用
して往年の様子を模した牛車道のある小公園があった。
地下鉄東西線が開通して京阪京津線が廃線になり、
その敷石を残す目的でもあるようだ。

 0129sanjyo040 0129sanjyo042
少し先で道は下りになり、蹴上の浄水場の横を行くと蹴上交差点。
道は左に大きくカーブして三条通りに入る。
三条大橋はもうすぐである。
日本橋から通し歩きをしてきた何百人?いや、もっとかな?の人たちは
一体この蹴上のカーブをどんな気持ちで回ったのか、は想像に難くない。
おそらく誰もが同じ気持ちで、思いを共有しているのでは?と。

こちらは「粟田口」の石標を探してウロウロする。
三条通りから神宮通りを左に入ったすぐの
白川小学校の門の片隅に駒札と共に立っていた。
京の七口の一つで、都から江戸への出口である。
戻ると1キロほどで三条大橋に着く。

 0129sanjyo045 0129sanjyo050
東に高山彦九郎像、渡りきると左に弥次喜多像が立っている。

0129sanjyo062_1京都三条大橋。
三条通りはこの先嵐山まで続いている。
そして東海道は道を変え、京街道として
伏見、淀、枚方、守口宿を経て
大阪高麗橋まで57次として続きます。

 詳細=東海道 大津から三条大橋

 

« 大神神社(三輪明神) | トップページ | 浜松フラワーパーク »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/13704800

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道 大津から三条大橋:

« 大神神社(三輪明神) | トップページ | 浜松フラワーパーク »