2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 朝霧 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

2006年12月15日 (金)

恵那市・中山道広重美術館

恵那市にある「中山道広重実術舘」に行った。
平成13年9月にオープンしたまだ新しい美術館である。

とても美術館とは思えない、家庭的な雰囲気?
というか、事務所?・・・。

なんだろう?とにかくこじんまりした美術館である。
そんなことはどうでもいいとして、
行われている企画展は木曽街道をめぐる物語
~歌川国芳「木曽街道六十九次之内」を楽しむ~。
がテーマ。

   1215ena03_1 1215ena19
栞から抜粋すると ”この作品は、故事や伝説、歌舞伎、
浄瑠璃など当時の人々によく知られた話の一場面を
中山道の宿場と組み合わせて描きます。”とある。 

ようするに絵と宿場との語呂合わせ、駄洒落である。
館内の写真のように宿場のコマ絵と外題の付いた絵がずらりと並ぶ。
ここは撮影可だがフラッシュはダメで、さすがに手持ちでは厳しい。
一応手振れ補正が付いているので試してみたが、
直写で1/10secを切るとぶれる。やはり印刷には無理かな?。
そんな中から1枚。

1215ena12_1 1215ena13_1
こんな感じで展示されてます(説明は拡大してます)。

結構面白かったが、
残念ながら ~12/24までが第1期で36枚(薮原宿)まで。
残りは来年、1/2日~の第2期に展示されるという。
知らなかった~~。これはまた来なければならんがな。
ちなみに、ここ恵那市は中山道46番目の「大井宿」である。

ここから東に中津川宿、西に大鍬(おおくて)宿がある。
今度はどちらかに歩いて行くか、歩いて来るか?
中山道歩きを入れよう。

« 朝霧 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

これは面白そう!!!
行って見たい!!たまには連れてってくださいよぉ。

>これは面白そう!!!
もう、まったく傑作です!
次回はどんなのやら楽しみですわ。
ポスターでは達磨大師が盛そばを食べている絵が
あり、宿場は守山?さて・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵那市・中山道広重美術館:

« 朝霧 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム »