2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中山道 加納宿から垂井 | トップページ | 五個荘町分間延絵図 »

2006年11月 8日 (水)

中山道 高宮から武佐宿

昨日と違って天気は最高!暑くもなく、寒くもなし。
最高の歩き日和だ。
歩き始めるとつい続けて歩きたくなる悪い癖?で今日もふらっと出る。
中山道近江路。
以前、芭蕉の句碑巡りで歩いた高宮宿だが、その先を歩いていない。
近江鉄道、高宮駅から旧道をふたたび歩いて、高宮橋まで行く。
 1108etigawamusa_004 1108etigawamusa_007
通称無賃橋、橋の袂に「むちん橋地蔵尊」と大きな石柱が立ち。
傍にいわれが書かれた説明板がある。
ここから武佐宿まで、約18キロが今日の行程だ。
葛籠(つづら)町に少し松並木が残る。
 1108etigawamusa_012  1108etigawamusa_019
彦根市から豊郷町に入ると出町、すぐに間の宿の石畑の石標と、
一里塚の郷 石畑の石柱がある小公園がある。

伊藤忠兵衛旧邸、又十屋敷、江州音頭発祥地・千樹寺など見ると
すぐ先で宇曽川に架かる歌詰橋を渡る。
1108etigawamusa_033  1108etigawamusa_041
この橋にも名にまつわる話があり、
小公園に解説がある。    

沓掛を過ぎて分岐を右にとるとしばらくで
愛知川宿の入口。広重の画と石柱が立つ。

宝満寺、をみて脇本陣跡を探すが見当たらない。
30分ほどうろうろするが、結局分からず宿を出る。
国道8号をしばらく歩き御幸橋で愛知川を渡る。
     1108etigawamusa_055
この橋も「むちん橋」で広重の画がある解説板がある。
橋を渡り旧道を行くと五個荘の集落に入る。

役場の前の公園を見て古い家並みを見ながら集落を抜ける。
国道を渡り斜め右に道をとる。ここからかなり迷った。
手元の本には ”右の清水鼻の集落に入りすぐの三叉路を
左折して国道に戻る” とあるが、こちらは国道歩き。

   1108etigawamusa_078 1108etigawamusa_076
手元の地図はかなり先の観音正寺参道と道標をみてを左折、
石寺楽市の建物をみて国道に向う。
先で合流するがどちらが中山道?道を歩くには後者がいいね~。
新幹線、国道を地下道でくぐると、奥石(おいし)神社と老蘇の森。
ここから静かな佇まいの老蘇の集落を行く。
これが街道だね~、と思う集落だ。心が癒される至福のときだ。
2キロほどで武佐宿入口、
牟佐神社の鳥居脇に手作りの高札場札。

 1108etigawamusa_097  1108etigawamusa_102   
脇本陣、本陣跡、愛宕山常夜灯など見て行くと西の高札場。
宿の出口である。 すぐに近江鉄道・武佐駅がある。

ここから一駅先のJR近江八幡駅に出て帰る。
今日は迷って少し時間がかかったが満足の街道歩きでした。

      詳細=高宮から武佐宿

« 中山道 加納宿から垂井 | トップページ | 五個荘町分間延絵図 »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/12607373

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道 高宮から武佐宿:

« 中山道 加納宿から垂井 | トップページ | 五個荘町分間延絵図 »