2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 竹内街道と芭蕉綿弓塚 | トップページ | 佐渡航路 »

2006年8月17日 (木)

大伯皇女と二上山

竹内街道と長尾街道との追分の道標の傍に立つ細い鉄柱に
万葉の歌が貼り付けられていた。
たまたま二上山を歌ったものだったのでフレームに入れたが、
今日その部分を切り取ってみた。
                   0815takenoutik
「現身(うつそみ)の
 人なる我や明日よりは
 二上山(ふたかみやま)を
 弟(いもせ)とあが見む 
 大伯皇女 」とある。

この世の人である自分には
明日からはもはや二上山を弟と
思って見るより
ほかなくなって
しまった~。

天武天皇崩御後の皇位継承で
皇后鵜野(うの)~後の
持統天皇~
によって謀反?の
罪で処刑された大津皇子
(おおつのみこ)の墓は
二上山にある。

斉王の任を解かれて伊勢から大和に戻った
姉の大伯皇女(おおくのひめみこ)が、
二上山に弟を思い詠んだ歌である。
幼くして母を亡くし、
肉親以上の姉弟愛で生きてきた二人
に起きた悲劇!。
これも涙ものやね~。
いまさら「大津皇子事件」や
万葉の世界を論じる気もないし、
そんな学問や知識があるはずもない(-_-;)

逆に、たまたま見た一つの歌から
大伯皇女を検索していて日本書紀、
万葉集とえらい勉強をさせてもらった(笑)。
近いうちにまた二上山と伊勢の斎宮を訪ねよう~と。

« 竹内街道と芭蕉綿弓塚 | トップページ | 佐渡航路 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/11480143

この記事へのトラックバック一覧です: 大伯皇女と二上山:

« 竹内街道と芭蕉綿弓塚 | トップページ | 佐渡航路 »