2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 上ツ道から初瀬街道 | トップページ | てんびんの里五個荘 »

2006年5月29日 (月)

京の町家めぐり

久しぶりに朝から晴れた。
時間もできてぶらっと京都に行く。

今日は観光地から離れて京の町家めぐりを楽しむ。
京都駅から西へ、
島原口から島原商店街を抜け島原大門に出る。

0529kyouto008                0529kyouto012

 





かっての遊郭、島原に残る大門と、揚屋(料理屋とある)
の「輪違屋」と、「角屋(写真)」の建物に昔の島原の面影を偲ぶ。
ここから壬生へ。

0529kyouto030
壬生寺を中心に新撰組屯所。
元屯所の前川家と武家屋敷?の
観光地がここにはあった。



壬生塚の新撰組隊士の墓を見て
路地の角にある道標に従い二条城に向う。

手元のあるガイドブックの地図を見ながら行くが、
つい路地を間違える。
これもご愛嬌で、また違った町筋を楽しむことができる。
二条城のお堀を回り込み大宮通を北へ。

0529kyouto042
西陣に入ると道は細かく交差する。
つい見たい町家に目が行くとルートを外す。
また戻ってはの繰返しでこれはふらり旅だ。



写真は西陣「千両が辻」手前にある
京町家再生工房「ほっ」。
中には町家の模型が並ぶ。
道は東に折れて武者小路通から京都御苑へ。
乾御門から堺町御門に出て、堺町通を南下する。
キンシ正宗「堀野記念館」を見て御池通を西へ行き、
烏丸通を越えると新町通に入る。

0529kyouto054

古い町家の建ち並ぶ繊維街そのもので
車がやけに多い。
イタリア文化会館があれば、
松坂屋の染色デザイン研究所の
古い建物が見れる。

ただ車が多くぼさっと写真などとってはいられない雰囲気だ。
ようやく四条通に出て右に曲がると「四条京町家」がある。

           0529kyouto058
明治43年に建てられた町家を
そのまま見せてくれるまさに資料館で、
京都独特のうなぎの寝床と言われる家屋が
すべて見られる。



初めての人には貴重な京町家の内部を知ることができる
絶対のお勧めどころだ。
ちょうど道を挟んだ前にある
着物処「四君子」も女性には見所かも?
あとは西洞院通をひたすら南下して京都駅に戻る。

一味違う京都の旅?
これもまたよろしいかと思う一日でした。

ちなみにこのコースは
ガイドブック京都自転車散歩から頂きました。

« 上ツ道から初瀬街道 | トップページ | てんびんの里五個荘 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の町家めぐり:

« 上ツ道から初瀬街道 | トップページ | てんびんの里五個荘 »