2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 | トップページ | 長浜盆梅展と芭蕉句碑 »

2006年2月11日 (土)

近江を歩く・月心寺から小関越え

雪も収まったようなので久しぶりに大津へ行く。

今日は「月心寺」の芭蕉句碑を見たくて、
東海道逢坂山から小関越えのコースを歩く。

大津駅から旧東海道に入り逢坂山に。
すぐ国道1号線に合流する。

0211ootu0020211ootu0060211ootu0080211ootu009






国道手前にある「蝉丸神社」下社がある。
国道の先に道を挟んで「上社」、さらに先で国道を横断した
「逢坂関跡」碑から道を分けると「分社」が建つ。
分社の近くの芭蕉句碑を探すが確認できず先を行く。

0211ootu0150211ootu016 国道沿いに「走井」
「月心寺」と書かれた
行灯のともる家がある。

 

 

 


ここに芭蕉句碑があるはずだが、
寺とはいえ他の入口は閉ざされていて入れない。
打ち水がされた趣のある入口を入ると苔むした「走井」の井筒がある。

臆して外に出たがどうしても句碑が見たく意を決して案内を請う。
出られた女将さん?がチラッとこちらをみてあちらにと案内される。
よれよれのズボンにウインドブレーカー、
これではどう見ても敬遠されて不思議はないか。

案内された横の玄関を入ると、そこは台所?(勝手口でした)。
土間に赤い火鉢が5個ほど並びやかんから湯気が立つ。
蔵の横を抜けて池のある庭園横を、
竹柵で仕切られた石段を登ると句碑があった。

0211ootu018_1「大津絵の筆のはじめは何仏」
(元禄四年・1691)。
確認して戻りながらあらためてこの造りに感嘆する。
普通のお寺と思っていたが、これは?高級料亭だ。

丁重にお礼を言って失礼をする。




0211ootu020ここから京、伏見道の道標を分け、
小関道道標(三井寺観音道)から小関越に入る。

道は一気に細くなり、
普門寺から山中を行く舗装道になる。
結構な登りを行くと車道に出て、
峠の地蔵がある。あとはただ下るのみ。
小関町の集落に入り天満宮入口で「小関越道標」を見る。
ちょうど逢坂山の周りを歩いたことになる。

0211ootu027

天満宮に「山路きて何やらゆかしすみれ草」
(貞享二年・1685)。野ざらし紀行での吟である。
「野ざらし紀行」前書きに、”大津に出る道、
山路をこえて”とあり、何かで京、伏見から
この小関越えで大津に入った折の吟、と読んだ記憶があるが、
天満宮の句碑に解説はない。

このあと「円満院」、大津絵美術館、近江神宮、
天孫神社の句碑を見て歩いたが、
「月心寺」の感動を超えるものはなかった。

« 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 | トップページ | 長浜盆梅展と芭蕉句碑 »

歩く・芭蕉」カテゴリの記事

コメント

 19日朝、京都駅で自転車を組み立て、市内を1時間ほど走った後、三条から山科。旧道を行き、線路を越え、小学校前を通り「小関越え」を試みました。
 しかし、いつのまにか違う道に入ってしまい「四之宮行者谷」という急斜面の新興住宅地。どんどん登ったら突き当たりに保育園と給水塔があり、舗装道路は行き止まり。さんざん登ったのにガックリ。しょうがないので引き返し、やっと正しい道へ。
 軽自動車なら通れる程度の道を登っていくと、広い立派な通りに出て、お地蔵様前で一休み、あとは坂をスピードの出すぎに注意してあっという間に大津です。

 その後は近江八幡、市内見物、八幡山周回の後、石塔寺往復。全部で100キロほど折りたたみ自転車で走りました。

 「小関越え」でひっかかったこちらのブログのご繁栄を祈ります。

とうちゃんさん。
コメントありがとうございます。
折りたたみ自転車での「小関越え」ですか。
いろんな所を廻って見えるんでしょうね?
「小関越え」は距離もなく、ほんのハイキング
気分で歩け、取っ付きまでの道も多々あり
楽しい道ですよね(電車ではすぐですが)。
歩いていると自転車の方にもよく会います。
ブログ、拝見したかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江を歩く・月心寺から小関越え:

« 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 | トップページ | 長浜盆梅展と芭蕉句碑 »