2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江を歩く・月心寺から小関越え | トップページ | 鳳来寺の芭蕉句碑 »

2006年2月12日 (日)

長浜盆梅展と芭蕉句碑

何年ぶりかで長浜盆梅展に出かける。
慶雲館での盆梅展。今日は日曜日、いつものことなのか?凄い賑わいだ。
盆梅展見たくて来てみれば梅と人との狂い咲きだ。
0212nagahama60212nagahama0110212nagahama018














0212nagahama013
盆梅の後は「北国街道」長浜を散する。
観光客で賑あう黒壁辺りは
とても街道の雰囲気ではない。
人ごみの中を抜けると静かな街中に
街道の趣が残る。

街道から長浜城歴史博物館へ行く。
「北近江一豊・千代博覧会」の幟が立つ。




常設展示「湖北長浜のあゆみ」と特別企画「一豊と秀吉が駆けた時代
~婦人が支えた戦国史~」テーマⅠ・Ⅱをみる。
これも大河ドラマの影響なのか、ここも老若男女の人で賑う。

PICT0028市民会館の前にあった芭蕉句碑が、
盆梅展が開催されている慶雲館に
戻ってきたことを後で知る。

雪の舞うなか戻って確認する。
大きな石に刻まれた
「蓬莱にきかはや伊勢の初たより」の句。
元禄七年(1694)の吟である。
帰りに長浜八幡宮に立ち寄り
もう一つの芭蕉句碑を見る。

« 近江を歩く・月心寺から小関越え | トップページ | 鳳来寺の芭蕉句碑 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長浜盆梅展と芭蕉句碑:

« 近江を歩く・月心寺から小関越え | トップページ | 鳳来寺の芭蕉句碑 »