2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新城市・石雲寺のセツブンソウ | トップページ | 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 »

2006年2月 5日 (日)

東海道・美合の芭蕉句碑

東海道の美合から、前回道を外して見れなかった芭蕉句碑と、
岡崎源氏蛍発生地跡碑を見に出かける。

11:45 美合駅を出て東海道へ。
道はすぐ県道48号線に出る。

横断歩道のない県道を渡る。
手元のガイドブックでは道を渡ってすぐに
蛍発生地跡碑と芭蕉句碑があるとあり、
もう一つのガイドブックには先の山綱川に架かる
高橋の袂に碑があると書かれている。

しかし県道を渡ると廃車の車が山積みされた
工場の間を旧道は延びるが、どこにも碑と案内板が見当たらない。
行きつ、戻りつ、うろうろするがやはりない。
小さい碑ではないのに何故?散々探し捲くったが
あきらめて先を行く。

わが身がぼけたか?(よくあること)、また見逃したか?。
もう来たくもないが真相は何なんだ?
一度美合の観光課(うん?岡崎市か)に聞いてみたい。
と思いながら”ここにありますよ”といわれたらどうしよう?。

乙川を渡り間違えた旧道をトレースしていく。
二十七曲もあらためて歩き直す。だがここは難しい。DCF_0006

二十七曲最後の標柱を拾って
西の出入り口を確認する。

芭蕉句碑を見に来たぶらり旅。
こちらは確認できず残念だったが、
戻って岡崎城を見学する。



初めて入る岡崎城。家康誕生の二の丸能楽堂。
しかし家康は生まれたこの地から人質として他国で過ごす。
我慢の家康の基礎は他国にあり。
歴史は書により教えられる。しかし、道は歩いてその歴史を知る。
歩かなければ道は分からない。

この二十七曲。家康発案と思ったが浅はかだった。
家康後、田中吉政が整備したとある。
東から西へ。南には乙川があり道はすべて北に回り込む。
外敵に長く、味方に短く。城へ入る計算された道だそうである。
また一つ賢くなって帰途に着く。

でもあるのかないのか気になる芭蕉句碑。

« 新城市・石雲寺のセツブンソウ | トップページ | 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/8521153

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道・美合の芭蕉句碑:

« 新城市・石雲寺のセツブンソウ | トップページ | 東海道芭蕉句碑 水口・石部宿 »