2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 春まだ遠き藤原岳 | トップページ | 伊豆・河津桜とMOA美術館 »

2006年2月27日 (月)

伊賀市大山田の芭蕉句碑

伊賀市大山田の芭蕉句碑を訪ねて伊賀街道を歩こうかと出かける。

関トンネルを抜けると天気が一変した。
今にも降りだしそうな雲行きである。
大山田支所の駐車場に車を入れるが(失礼します)
猛烈な風とそれに寒い。
芭蕉句碑は4ケ所にあり、廻るには13キロほどだが
歩くには少し条件が悪すぎる・・・と思いながら、
とりあえず近くの植木神社まで行く。

神社は平田宿口にあり夏の祇園祭りは
県の無形民俗文化財指定である。

0227ooyamada0050227ooyamada003







入口に新しい句碑と手水舎の横に古い句碑がある。

枯芝ややゝかげろふの一二寸 
貞享五年(1688)~笈の小文~

平田宿を少し歩くがやたら寒い。
歩きは中止して車で廻ることにする。

役場から東に9キロほど行くと新大仏寺がある。
境内の片隅に俳文「新大仏寺記」の刻まれた大きな句碑が建つ。

0227ooyamada0070227ooyamada011







文字はかなり判読しづらいが、
隣に前文を写した立派な石の句碑がある。
丈六に陽炎高し石の上 
同じく笈の小文で詠まれた句である。

さらに東に行った長野トンネル手前の角に多くの句碑が建つ。
その一段高いところに猿蓑塚がある。

0227ooyamada0190227ooyamada018







古い句碑は風化が激しく判読できない。
傍に新しい塚碑が建てられている。
初しぐれ猿も小簔をほしげ也 
元禄二年(1689)の吟である。

帰る途中、もうひとつの句碑があったのに気づく。
須原地区の大橋の袂に
「からかさに押しわけみたる柳かな」
元禄七年(1694)があったのを忘れていた。
江戸での句で、この地で詠まれたものではない。

いずれは歩く伊賀街道だ。
そのときまで残しておくことにする。

« 春まだ遠き藤原岳 | トップページ | 伊豆・河津桜とMOA美術館 »

歩く・芭蕉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀市大山田の芭蕉句碑:

« 春まだ遠き藤原岳 | トップページ | 伊豆・河津桜とMOA美術館 »