2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪が舞う | トップページ | もう一つの芭蕉生誕地 »

2006年1月24日 (火)

四日市の芭蕉句碑

四日市らいぶらり1 「文学碑とその風土」なる本をみていたら、
四日市市に4基の芭蕉句碑があるのを知る。

一つは先に歩いた東海道の杖衝坂。
残る3基を見たくて出かける。

JR四日市駅近くの駐車場に車を止める。
一つはここ朝日町の村山氏宅玄関先とある。
番地が書かれてなくその村山氏宅がどこかわからない。

0124basyoukuhi001そう広くもない町内なので、
まずは民家のあるところからと1丁目から歩き出したら、
なんとすぐに見つかった。
玄関先の植え込みの中に
「白露をこぼさぬ萩のうねり可な」
元禄6年(1693)の句碑がある。
表札には「村山・・・」とあるから間違いない。

見つけるのに手間取ると思ったが、
こんなすぐに見つかるとは思ってもみなかった。
次の北町「建福寺」はここから歩いていく。

0124basyoukuhi005国道1号線寄りに出て旧東海道を北進する。
昨年歩いた懐かしい道だ。

三滝川の手前で案内により右に折れると
すぐに「建福寺」がある。
山門を入った本堂右手の境内に、
蘇鉄の陰に隠れるように句碑がある。

句は
「けうばかり人もとしよれはつしぐれ」元禄5年(1692)。
桑名市東鍋屋町の本願寺跡にある句と同じである。
書には当地とは直接関係がないとある。

駐車場に戻り三つ目の句碑がある「垂坂山観音寺」へ向う。
垂坂町にはあちこちに「国宝元三大師」の赤い幟が立つ。
車一台がやっと通れる細い道を行くと観音寺がある。

0124basyoukuhi010
0124basyoukuhi007
本堂手前の境内右手に句碑
「三日月の地はおほろなる雪見草
全句集は
「三日月に地はおぼろ也蕎麦の花
元禄5年(1692)の句。
同種異形句があるが「雪見草」はない。
書では建碑者の思い違いか、
改変かとある。
三句碑とも建碑者、年代不明である。


ここには他にも「四日市蕉風連中奉納歌仙額」があるとの
新しい説明板が建てられており、
十二吟歌仙一巻を収めたものとあるから
四日市にも多くの俳人がいたようである。

« 雪が舞う | トップページ | もう一つの芭蕉生誕地 »

歩く・芭蕉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/8316571

この記事へのトラックバック一覧です: 四日市の芭蕉句碑:

« 雪が舞う | トップページ | もう一つの芭蕉生誕地 »