2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もう一つの芭蕉生誕地 | トップページ | 東海道 岡崎から有松 »

2006年1月27日 (金)

東海道・藤川宿の芭蕉句碑

東海道・藤川宿の芭蕉句碑を見たくて出かける。

前に歩いた赤坂の続きを歩く。
名電長沢駅から旧道に出て街道歩きを楽しむ。
すぐに国道1号線と合流し、味気ない国道歩きが続く。
峠のドライブイン(あまり登った感じはしないが何故か峠)を過ぎると、
すぐに岡崎市に入る。

0127tokaidofujikawa004少し先で本宿の手前に本宿のモニュメントがある。
傍の国道1号線とは対照的な道が延びる。
すぐ先で本宿・宿の案内板を見て集落に入ると、
すぐに徳川家康ゆかりの法蔵寺がある。
本堂左手を行くと新撰組隊長・近藤勇の首塚がある。

本陣屋敷跡、一里塚跡など見ながら本宿を抜け
国道に合流する。

山中八幡宮を見て国道を左にとると藤川宿に入る。
藤川宿は広重の「棒鼻(宿の出入り口)」0127tokaidofujikawa030 で知られ、
吉良街道への交通の要所だそうである。
東の棒鼻、西の棒鼻が藤川宿の出入り口になる。

宿は「藤川宿町づくり研究会」により整備され
旧道の面影が残されている。
こういう宿場町を残してくれる人々に感謝したい。
藤川には本陣、脇本陣と古い建物が残っており、
資料館として現存する。
やはり東海道だ、宿場は長い。宿場を抜けて西棒鼻を見ると、
すぐ左に十王堂がある。

0127tokaidofujikawa051_1 境内というより街道沿いに大きな芭蕉句碑が建つ。
「ここも三河むらさき麦のかきつばた ばせを」

立派な句碑だがこの句は芭蕉全句、俳句集にも見当たらない。
良くあることだがチトがっかり。
藤川の松並木を見て乙川をわたり大平町に入る。
大平一里塚を見て、ここから道を外し岡崎市街を右往左往する。
やはり詳細な地図を持たないと街道は歩けないと痛感する。

ようやく旧道に戻ると「二十七曲碑案内板」があった。
案内板の地図をみて行くが、地図のない悲しさ、
全然道が読めない。道は甘くなかった。


挫折感と再挑戦を誓いトボトボと東岡崎駅に向う。
さすが家康、ただではこの道を通さないつもりか?。
見ておれすぐに攻略してやる。 くやしい~~!。

                       詳細=東海道 長沢・本宿から岡崎

« もう一つの芭蕉生誕地 | トップページ | 東海道 岡崎から有松 »

歩く・芭蕉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/8367656

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道・藤川宿の芭蕉句碑:

« もう一つの芭蕉生誕地 | トップページ | 東海道 岡崎から有松 »