2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 千代保稲荷と自然薯 | トップページ | 雪景色 »

2005年12月16日 (金)

新城の芭蕉句碑

新城にある芭蕉句碑を訪ねて出かける。

豊橋から、前に「青春18切符」で湯谷温泉から
乳岩峡に行ったとき以来の飯田線に乗る。

芭蕉は奥の細道の旅を終えてから2年半ぶり(元禄4年9月末)に、
江戸への帰途に就いている。
途中新城の門人大田白雪の案内で鳳来寺に行っており、
鳳来寺に句碑があるのは知っていたが、
新城にも句碑があるのは知らなかった。
芭蕉全句によると新城では2句詠まれている。そのうちの1句である。
新城駅から南に少し行き、県道を右に取り直進する。

1216sinnsiro011 市民病院を過ぎると右に庚申寺の小さな本堂が見える。
県道のすぐ傍に道に向って立派な花崗岩の句碑が建つ。
1216sinnsiro002

 

句は「京に飽て此こがらしや冬住居」。
句集には前書きに菅沼亭とあり、
新城城主菅沼氏を詠んだ句で
亭主への挨拶吟とある。





県道を戻って、
駅前を過ぎ中町の先で左に曲ると
永住寺がある。
新城の俳人、太田白雪の菩提寺で、
重厚な山門の傍にまだ新しい白雪の句碑が建つ。

それでも昭和35年建立とある。1216sinnsiro0061216sinnsiro007

 

      


句は「山雀(やまがら)の胡桃まはさん雪の宿」。
次の電車まで時間があったので町中をぶらつく。
町中を一周するが何も見るところが無い。
鳳来寺まで行こうかと思ったがバスの便が悪く断念する。

« 千代保稲荷と自然薯 | トップページ | 雪景色 »

歩く・芭蕉」カテゴリの記事

コメント

昨日は千代保稲荷で、今日は新城?!
♪犬はよろこび庭駆け回る~好好爺は元気ですね~!
♪ネコはこたつで丸くなる~私はひたすらインドアです。

家に居ても寒いから。
同じ寒いのなら外に出ていた方がいいかな~なんて?。
名古屋~新城ゾーン切符が往復1900円て知ってた?。
通常片道1620円。切符買うとき初めて知った。10/1~新発売。
なんだか得した気分。実際に得々切符でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新城の芭蕉句碑:

« 千代保稲荷と自然薯 | トップページ | 雪景色 »