2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  濃州道Ⅱ | トップページ | 東海道 吉田から御油・赤坂宿 »

2005年10月26日 (水)

紅葉・信州松川渓谷

10月24日、今年初めての紅葉狩りに松川渓谷に行く。
例年は10月下旬が見頃とのことで期待していたが
結果は無残にも外れた。
山田温泉付近や、
渓谷沿いの遊歩道からの眺めも紅葉らしき所もなく
寂しい限りである。
それでも観光ポイントには
やたら観光バスのツワー客で賑っている。
この人たちも期待はずれで残念だろうと同情する。

1024matukawakeikoku021


山田温泉入口の数百メートル手前、
道路脇の少し高いところに、
なぜか芭蕉句碑があった。
「婦る池や 蛙飛こ無 水の音」。

 

1024matukawakeikoku002 山田温泉から少し上った「八滝」と1024matukawakeikoku006
「雷滝」付近は多少色付いているが
全体に色は良くない。





雷滝は裏見の滝、遊歩道は滝の裏を通って下に下りる。
写真は滝の裏の横から撮っている。

渓谷温泉、五味温泉、七味温泉と登るにつれ、
谷筋の辺りはまだそれらしく色付いている。
いつも思うことだが、気候に左右される花と紅葉は
見頃の時期が難しい。
特に今年は暖かい日が続き
紅葉自体も色付きが悪いそうだ。

宿のある奥山田温泉には、
所々に夜来の雪が残りすでに冬支度模様である。

«  濃州道Ⅱ | トップページ | 東海道 吉田から御油・赤坂宿 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉・信州松川渓谷:

«  濃州道Ⅱ | トップページ | 東海道 吉田から御油・赤坂宿 »