2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

須磨・明石・大阪(芭蕉を歩く)

芭蕉が旅した最北端は「奥の細道」の象潟。
最西端は「笈の小文」の須磨、明石だ。
ここはまだ行ったことがなく、
どうしても行かなければならない場所である。
29日朝、名古屋発7:40の新幹線のぞみ1号に乗る。
新大阪で姫路行き新快速に乗換え明石へ。

0929akasisumaoosaka003駅から15分ほどの「柿本神社」に行く。

石段の参道を登ると山門前に
「蛸壺やはかなき夢を夏の月」の
芭蕉句碑がある。
すぐ前は市立天文科学館で、
その横からは淡路島と
明石海峡大橋が見える
高台の絶景の場所である。

0929akasisumaoosaka008e_1
道一つ挟んだ傍に「日本子午線標準時柱」
愛称「トンボの標識」があった。
東経135度子午線の位置を示しているとある。
付近を少し散策するが神社仏閣の多いところで
散策路の標識が要所に見られる。

駅に戻り山陽電鉄で須磨浦公園に行く。
ここは源平一の谷古戦場跡であり
東西500メートル近い公園に整備されている。
駅から右に線路を跨ぎ展望台の方に登っていくと
海を見下ろす場所に出る。
道が右にカーブする手前に
蕪村の「春の海終日のたりのたりかな」の句碑があり、

0929akasisumaoosaka013その奥に「蝸牛角ふりわけよ須磨明石」の
芭蕉句碑が建っている。
海つり公園の桟橋が眼下にみえて、
船の行き交う大阪湾もまた良しである。





戻って公園のなかを須磨方面にさらに行くと
一の谷古戦場「源平史跡 戦の浜」の石柱がある。


山陽電鉄公園駅からこの辺りにかけてが古戦場の跡だそうだ。

公園を抜けると一の谷のバス停である。

ここから須磨寺までは歩いても行けるが
時間の都合上バスに乗る。
バスを降りてからから道を間違え裏から入る羽目に。

0929akasisumaoosaka029須磨寺駅から参道が続いて
山門から仁王門、本堂、
三重塔など荘厳そのもである。





奥の院に至る途中には「敦盛首塚」がある。
「首と胴を別々に埋葬し胴塚は一の谷にあり」と立札にある。
先ほどの須磨浦公園の駐車場裏にその「敦盛塚」がある。


0929akasisumaoosaka023境内本坊横に芭蕉句碑
「須磨寺やふかぬ笛きく木下やみ」があった。

0929akasisumaoosaka041




駅に戻る途中を斜め右に折れ
少し行くと芭蕉が泊まったといわれる
現光寺がある。



阪神淡路大震災の復興で
新しく再建されたという寺の境内に入ると、
すぐ右に
「見渡せばながむれば見れば須磨の秋」の
立派な芭蕉句碑が建つ。

須磨駅から梅田に戻る。
今日の阪神×巨人戦がある甲子園を避けて、
途中で阪急に乗り換える。

梅田から地下鉄で南御堂難波別院へ。0929akasisumaoosaka045

本堂左横に「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」の
句碑が建つ。
鎖がかかり近くに寄れないが、
説明の立札には
「旅に病でゆめは枯野をかけまはる」とある。
右肩に「南御堂と芭蕉」の小冊子が
本堂のラックにあるからどうぞとの札が貼られている。
有難いことと喜んで頂戴する。

0929akasisumaoosaka049

今日のぶらり旅のもう一つの
目的であった
「芭蕉終焉の地」を探した。

手引書で確認しながら御堂筋の緑地帯を
ウロウロする。
南御堂前の御堂筋の緑地帯
(二本ある東側)に、
すでに落ち始めた
銀杏の実とともにそれはあった。

「此付近芭蕉翁終焉ノ地ト伝(フ)」と刻まれた
一本の石柱である。
(フ)は地中に埋もれている。

14:00遅い昼食になったが、これも楽しみの一つである
すぐ近くの「うどんの松葉家」へ行く。
名物の「元祖きつねうどん」もいいが
やはり「おじやうどん」を注文する。
久しぶりに食す懐かしい大阪の味である。

この後、芭蕉が最後に参詣した住吉大社に行くため
南海難波駅まで歩く。
今日は阪神優勝のかかる日、
すでに戎橋周辺はテレビクルーが入っているが、
橋は工事中で囲いの中(ブログ作成中に優勝が決定した!
おめでとう阪神タイガース)果たしていかなることやら。

0929akasisumaoosaka052 住吉大社駅を出て住吉公園に出ると、
公園入口の左手に
「升買て分別かはる月見かな」の句碑がある。
元禄七年九月住吉神社「宝の市」へ
行ったときの句である。
略年譜にはこのとき病気不快になったとある。


0929akasisumaoosaka059

     
句碑をみたあと住吉神社に参拝する。

2005年9月17日 (土)

佐屋街道番外編 佐屋~桑名

佐屋街道「三里之渡跡」碑前から桑名に向かう。
国道155号線を横断するとしばらくで県道458号に入る。
この道は津島から尾張一宮を結ぶ巡見使街道である。
何もない4キロほどの道を行く。
五之三で東名阪道をくぐり名鉄尾西線と平行するように歩く。
右にイオンタウンがみえると県道は大きく右にカーブしていく。
そのまま直進しJRと近鉄のガード下をコの字に進み
右に折れて国道1号線に出る。

09sayakaidou066

国道を右に少し歩き前ケ須西の交差点を横断し
右斜めに行くと「ふたつやの渡」碑がある。
宮の渡しから東海通りを通り弥富に延びる
明治東海道の終点で、
ここから桑名に舟で渡ったそうである。
すぐ傍の国道に戻ると
左に古い酒屋「井桁屋」があり、
店先に「むかし東海道」の木標がある。

09sayakaidou068e 木曾川を尾張大橋で渡ると
すぐ右に「東海道」と刻まれた大きな石標が建つ。
明治26年に建てられたもので別面に
「明治二十五年四月一日 為国道」とある。
国道を少し歩き押付の交差点手前で右に入る。
道を二つ越え商工会館の先で左折、
すぐ右折してまっすぐ行き
川の手前を左折すると 大手橋に出る。

傍らの民家の壁際に指標の道標があり
「宮 名古屋 前ケ須津島道」と刻まれている。
大手橋から道なりに進み、
突当りを右に曲がって200mほど行くと大智院がある。

09sayakaidou078

山門の左手前に「蕉翁信宿処」の碑が建ち、
境内に「うきわれをさびしがらせよ秋の寺」
の句碑がある。
「奥の細道」を終えて伊勢に向かう途中、
ここに逗留したときの挨拶句である。

道を戻り揖斐・長良川を伊勢大橋で渡り左折する。
堤防道を行き住吉神社の先を左にとると
桑名「七里の渡し跡」である。

佐屋街道

久しぶりの東海道歩きに刺激されたわけでもないが、
「愛・地球博」に行くのをやめ 
宮から桑名までを歩くことにする。

宮の東海道道標から国道1号線を高架橋で越え、
19号線を北上する。
新尾頭の交差点手前の細い道を左に入ると妙安寺がある。
ここに芭蕉句碑が2基あると言う。
「時雨塚 此うみに草鞋すてん笠しぐれ」と
「鴨塚 海くれて鴨の声ほのかに白し」だが時雨塚は確認できたが
鴨塚はわからない。先を急ぐ。

09sayakaidou011_1 戻ると少し先の金山新橋南交差点の角に
「佐屋路」の道標がある。
道を左にとり佐屋街道に入る。
尾頭橋を渡り西斜め上に向かって
ほぼ一直線に進む。
尾頭橋商店街から新幹線をくぐり、
八幡本通りから
中川運河を長良橋で渡り、
烏森であおなみ線と近鉄名古屋線の高架をくぐる。

かっては開かずの踏切だったがようやく高架化が完成し、
渋滞も解消されたようだ。駅も綺麗になっている。

豊国通6丁目の交差点を横断すると岩塚宿に入る。
庄内川の堤防まで一直線の宿道が続く。
庄内川を万場大橋で渡り左に折れると、
右下に渡船場跡があり常夜灯が残る。

ここから万場宿に入る。
宿を抜け名古屋高速をくぐり、新川を工事中の砂子橋で渡り、
高札場跡の標柱をみて左折する。
東名阪道をくぐり道なりに右にカーブして行く。
小さな橋を渡り左折し、先の西条交差点で県道68号に入り西進。
七宝町を通り抜け西尾張中央道を越えると09sayakaidou036_1 右に神守一里塚がある。

五女子、岩塚(現存しない)、千音寺、
津島(現存しない)
各一里塚のうち唯一残された
一里塚である(左塚はない)。
ここから神守宿に入り神守長下町で右折、
静かな宿町を少し行き左折し
再び県道に合流する。

工事中の日光橋を仮設歩道橋でわたり、
津島市役所付近で南に一筋の側道に入ると
埋田の追分になる。

09sayakaidou045_1 道標の先に「津島神社一の鳥居跡」碑、
2基の「常夜灯」と「石の鳥居」の
下半分が残っている。
ここから佐屋路は南に下るが今はない。
この先も寸断、消滅している箇所がある。
少し先を左折し南下する。
市民病院を過ぎ愛宕町4丁目の先で
愛宕神社の裏道を回り込む。

県道を横断し細い路地を抜けた先で斜め右に入る。
そのまま南下して佐屋北保育園の先で右折、
名鉄尾西線を越え内佐屋を左折し、
傍らの「佐屋海道此」碑をみて1キロほど南下し
須依交差点で右に折れると佐屋宿の中心に入る。

09sayakaidou057_1

左脇の「くいな塚道標」の道を少し行くと
「水鶏塚」があり、
奥に「水鶏鳴と人の云へばや佐屋泊 芭蕉翁」
の碑が建つ。

09sayakaidou065_1 戻って先に行くと
「さや舟場道」道標と
「代官所跡]碑があり、
道を越えた公園の脇に
「佐屋三里之渡跡」の
碑が建つ。

佐屋路の終着地である。
ここから桑名へは川を3里下る。     詳細 佐屋街道

2005年9月12日 (月)

名古屋の東海道

 09toukaidounn006_1              

近江の芭蕉めぐりに刺激されて
鳴海に出かける。
名古屋と鳴海は
芭蕉がたびたび訪れた地であり、
句集「冬の日」が生まれたところである。



鳴海まで行くならついでに
名古屋の東海道を歩こうと思いつき有松から歩き始める。
有松絞りの暖簾がかかる古い町並をみながら鳴海宿に入る。
旧道沿いにある誓願寺には日本最古の芭蕉供養塔と
芭蕉堂がある。
寺からしばらく行った先の右手の丘に千句塚公園があり、
案内標識で右に細い急坂を登っていくと、
公園の片隅に
”芭蕉存命中に建てられた唯一の「翁塚」”と案内板にある
「千鳥塚」の小さな碑が建っている。

09toukaidounn031_1 旧道に戻り天白川を渡ると「笠寺一里塚」がある。
市内に残る唯一の「一里塚」だそうだ。
そこからすぐに笠寺観音に着く。
境内に2基の句碑があり、それぞれ千鳥塚、
春雨塚と刻まれた新しい石標が建てられている。
句は「星崎の闇を見よとや啼千鳥」と
「笠寺やもらぬi岩屋も春の雨」である。

本笠寺の踏切を越え右に行くと呼続に入る。
道はきれいに整備されている。
山崎川を渡り左に折れるとあとは真っ直ぐ「宮の渡し」に向かう。

              09toukaidounn041_1  
宮周辺の整備された旧道を
散策気分で歩きながら
国道247号を高架で越える。
大賑わいの蓬莱軒本陣
(人が道まであふれ若者が多い)
を見ながら堀川の方に行くとすぐに
「宮の渡し」に着く。

帰りは熱田神宮に参拝し、
境内の「宮きしめん」で遅い昼食をとったあと、
地下鉄で久屋大通公園に行く。

テレビ塔の下、
北側の一角に「蕉風発祥の地」の碑が建つ小広場がある。

                  詳細 名古屋の東海道

2005年9月10日 (土)

近江を歩く

   PICT0011_1

9月8日、「芭蕉ゆかりの地」を訪ねて大津に行く。

新幹線こだまで京都に出て湖西線で堅田へ。
わずか1時間20分で堅田に着いた
(乗り換え時間16分を入れて)。


いつもながらこの現代の怪物君の速さには圧倒される。

本福寺の芭蕉句碑と芭蕉翁碑(石碑に絵が描かれている)をみて、
すぐそばの浮御堂へ。
浮御堂にはかって一度来たことがあるが
何十年も前のことであり記憶に乏しい。
境内には2基の芭蕉句碑が建つ。

「鎖(じょう)あけて月さし入よ浮み堂」、
「比良三上雪さしわたせ鷺の橋」である。

祥瑞寺、堅田漁港と芭蕉句碑を巡った後、
堅田から唐崎へ行き唐崎神社の「唐崎の松」と
句碑 「唐崎の松は花より朧にて」をみてバスで大津駅に戻る。

PICT0029_1 駅前から湖岸に少し行き旧東海道を膳所に向かう。
膳所駅からくるときめき坂の手前に
「義仲寺」がある。
木曽義仲の墓所であるが、
むしろ芭蕉の墓所として
多くの俳句同好者に知られているところだ。


境内には義仲公の墓と並んで芭蕉の墓があり、
墓の前に朝日堂と翁堂、後ろに無名庵と粟津文庫が建つ。


また芭蕉句碑3基(芭蕉の句とされるもの1基)や
巴塚など、多くの句碑と塚が所狭しと建っている。

句は 「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」、「古池や蛙飛こむ水の音」 
そして下記の句である。

PICT0060_1 再び旧東海道を行き、
国分の幻住庵へ向かう。
国分へは石山駅前から真っ直ぐ行けば近いが、
せっかくなので
大津市のハイキングコースに沿って行くことにする。

急坂を登りつめた国分町の街中を少し離れた森のなか、
近津尾神社境内の丘に新しい庵が建てられている。

神社境内の旧庵跡に句碑と、「幻住庵記碑」がある。

義仲寺の「無名庵」と、ここ「幻住庵」にたびたび滞在し、
深く近江を愛した芭蕉さん。
その「ゆかりの地」のほんの一部分を歩いてみましたが、
とても一日では回りきれませんでした。 

                          行春をあふみの人とおしみける PICT0066_1

新しい石山駅の2階広場に移設されて建つ 
旅姿の芭蕉立像。

                 詳細 = 近江を歩く                        

トップページ | 2005年10月 »