2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年4月28日 (金)

徳川園の牡丹

名古屋市の徳川町にある「徳川園の牡丹園」。
春は約55種、1,000株の咲き「牡丹祭」が行われますが・・・、
祭りはすでに23日(日)で終わっています。

開花情報も”見ごろ”から5日ほど経っていましたが、
野暮用で名古屋に出かけた帰りに立ち寄りました。

Tokugawaen01

大曾根口(北入口)から入ったすぐにある「牡丹園」。

Tokugawaen02

Tokugawaen03

もう遅いかな?と思っていたんですが、
まだ見ごろは続いています ^^;

Tokugawaen04

Tokugawaen05

ただ、ちょっと雨のあとなのか?
それとも水やり?か分かりませんが・・・

Tokugawaen06

Tokugawaen07

全体に花びらが濡れて元気がなく、
チョッと寂しい花の状態でした。

Tokugawaen08

ちょうど開園後のすぐでしたが、
もう少し遅らせればよかったかもしれません ^^;

Tokugawaen09

牡丹園の西にある藤棚
綺麗に咲いていましたが・・・まだ6~7分咲きでしょうか。

ここから黒門へと行きます。

Tokugawaen10

藤棚の先、道筋に咲く黄色の牡丹。

Tokugawaen11

茶室「瑞龍亭」の入口

Tokugawaen12

瑞龍亭水琴窟前

Tokugawaen13

Tokugawaen14

「観仙楼」への道筋にある小さな牡丹園も見ごろです ^^;

ここからいったん南出入口から外に出て、
黒門から入った「蓬左文庫」前にある「牡丹園」です。

Tokugawaen15

Tokugawaen16

こちらはすでに萎えて花の落ちた花壇もありますが、
全体にはまだ?見ごろです。   camera 27日

ボタンが見ごろになれば次はフジにシャクナゲ、
これからの開花情報が気になるところです。
そのシャクナゲ、このあと、思いついての立ち寄りでした。 

2017年4月27日 (木)

なばなの里のチューリップ

花めぐりもひと休みで歩き旅を挟みましたが、
この日は所用で出かけたついでに立ち寄った「なばなの里」。
すでに終盤を迎えているチューリップです。

お馴染みの「花ひろば」。
今回はスマホ(iPhone 6)での撮影ですが、
アスペクト比は3:2にして載せています。

Nabanac1

入口を入った正面から、
近くの花壇は早咲きのところで、すでに花は少ないです。

ここから反時計(左回り)で行きます。

Nabanac2

Nabanac3

Nabanac4

この辺りは遅咲きのチューリップですが

Nabanac5

Nabanac6

終盤とはいえ、まだまだ十分に楽しめます。

Nabanac7

展望台からのパノラマもスムースに撮影できて、
加工する手間が省けます ^^;

Nabanac8

展望台下、南側の花壇。

Nabanac9

Nabanac10

スマホの写真もその機能を上手く使えば、
コンデジ並みに撮れますね ^^;

Nabanac11

チューリップも終盤を迎えていますが、
南側の遅咲きはまだ綺麗でした。

花木も見どころが少なくなり少し寂しくなりましたが、
そこは花の里、次の花が咲くまでは
里内に植えられた花たちがにぎやかです。  camera 25日

2017年4月26日 (水)

尾張の官道上街道 後編

サクラも終わって次の花たちが咲くまでに、
以前に歩いた尾張の官道・上街道(うわかいどう)を歩き終えようと、
小牧市からの続き、御嵩町の伏見宿までを歩きました。

前回の続きは名鉄小牧線の田県神社前駅から、
県道27号線の久保一色交差点に出て旧道には入ります。

Uwakaido201

交差点の角にある神社の祠
ここから県道を離れて左の旧道に入ります。

すぐに犬山市に入りますが、
いつもながら街道沿いには神社閣しか見どころもなく、
今回は少し道標を見ながらの旅を。

Uwakaido202

犬山市に入って楽田の追分東、
ここが「稲置(いなじ)街道」と「上街道」の追分。
左に進むと稲置街道で犬山城へと行きますが、
上街道は右へと行きます。

あとは犬山市の東部をひたすら北上して行きます。
羽黒で五条川を渡るとその先は
右に尾張富士を眺めるのどかな田園地帯。

Uwakaido203

新郷瀬川を合戦橋で渡ると羽黒安戸南にあった道標。
馬頭観音ですが、
その台座には「右 やまみち 左 きそみち」と刻まれています。

Uwakaido204

道は県道168号線に出て国道41号線をくぐり善師野(ぜんじの)へ。
名鉄広見線が見えると善師野駅手前で左折。

Uwakaido205

線路を渡ると「善師野宿」の集落、直進していくと、
旧東山道との分岐にある常夜灯、さらに行くと・・・

Uwakaido206

新しい一里塚跡石柱と馬頭観音があります。

Uwakaido207

この先で街道は地道の山道へと入り、
久しぶりの峠越え。

緩やかに登る道を行くと

Uwakaido208

いきなり池のほとりに出ました。
善師野宿の案内には”大洞池”とありましたが、
この道は東海自然歩道にもなっています。

池の先で自然歩道が交わる辻に休憩所がありひと休み ^^;
道はさらに緩やかな登りになり、

Uwakaido209

空が開けるとまた交差路に出ますが、
ここが「石拾峠(いしひろいとうげ)」。

道を確認してこのあとは下り

Uwakaido210

峠道の途中にあったふたつの道標。
ひとつは「左 名古屋」でしょうか?もうひとつは
「左 犬山 右 つかお 道」とあります。
つかお?これは犬山の継鹿尾観音寂光院のことか。

街道を歩いていると往々にして本筋かどうかが分からぬことも。
地図はあるものの、道標や案内板を見ると正直、ほっとします。

そして峠道を抜けた先には

Uwakaido211

新しい道標がありました。
ここも道の分岐になっていて、この右手の道は、
先ほどの道標にあった継鹿尾観音寂光院へと行く
東海自然歩道のようです。

ここからは可児市西帷子(旧石原村)と鳩吹山の麓を行きます。

Uwakaido212

ふたたび国道41号線に出ると、その手前にあった「馬頭観音」、
ここは山の間を切り開いた”切通し”で石原村と土田(どた)の境界。、

Uwakaido213

その馬頭観音の後背には
「右ハかち道 (かちとは徒歩)、左ハ馬道 川渡(太田の渡し)ハ東道」
と、刻まれているようですが・・・><:

Uwakaido214

国道をくぐるとすぐにこの案内板がありました。
「土田城址」への道しるべと、
織田信長生母・土田御前の生まれた地、土田宿へと入ります。

Uwakaido215

土田公民館の前にある本陣址。
善師野宿から石拾峠を経て土田宿まで、
短い道でしたが、上街道らしい道を楽しみました。

ここからはまた、
町なかの何もない道をただ歩くだけ ><;

Uwakaido216

今渡神明に出ると富士浅間神社前で、
太田の渡しを迂回した太田橋から来る中山道と合流です。
ここからは伏見宿まであと約一里(4km)ほど。

Uwakaido217

国道21号線に出て中恵土(なかえど)にある新しい「一里塚跡」石柱。
この先で国道から離れると中山道伏見宿はすぐです。

伏見宿はすでに歩いているため上街道はここまで。
あとは国道を直進して名鉄明智駅へと向かいました ^^;

オマケ!

Uwakaido218

明智駅の少し手前で、
可児川に架かる野崎橋近くに咲いていたシバザクラ。

快晴の歩き日和!ほどよい汗をかいて、
無事に歩き終えた尾張の官道「上街道」でした。 camera 23日

2017年4月25日 (火)

水辺のやすらぎパーク牡丹園

”桜だより”が終わってすぐに気になる次の”花だより”。
まだ情報も少なかったんですが、この日は昼から野暮用があり、
午前中にと、気になっていた牡丹を見に出かけました ^^;

もちろん、近場です^^;
桑名市長島町又木の「長島水辺のやすらぎパーク 牡丹園」。
駐車場の案内は”8分咲き”でしたが・・・。

Mizube01

案内とは違ってまだまだ咲き始めや、蕾も多くあり、
全体では5割ほどの開花ではないでしょうか?

Mizube02

まぁ、それはそれで綺麗に咲いているところを ^^;

Mizube03

小さい牡丹園ですが平成6年に造られ、
もう今年で12年になります。

Mizube04

私的にはその翌年から見ていますが、
当初に比べると牡丹もずいぶんと多くなりました。

Mizube05

今は17種類240株の牡丹が咲き、大輪が中心。

Mizube06

Mizube07

”ぼたんまつり”には多くの人が訪れます。

Mizube08

Mizube09

とまぁ、まるで自分の牡丹園みたいに書きましたが、
それだけ愛着があるということで・・・ ^^;

Mizube10

この日も平日とはいえ、
すでにたくさんの人で賑っていました ^^;

ところで、ここは長島川沿いにあった旧久我邸を改修し
休憩施設として整備された施設。

Mizube11

こちらもお馴染みで変わらぬパターンですが、
その久我邸座敷から庭に咲くツツジ。

Mizube12

平戸ツツジに霧島マツツジ

Mizube13

特に満開のキリシマツツジは見事ですが、
オオムラサキ?はまだこれからです。

満開の牡丹にまだ早すぎましたが、
桑名市にある「長島水辺のやすらぎパーク・牡丹園」は
すでに見ごろを迎えています。   camera 24日

2017年4月24日 (月)

羽根谷だんだん公園 そのⅡ

海津市南濃町にある「羽根谷だんだん公園」の八重桜。
今年は羽根谷を遡り、最奥の第一堰堤まで行きましたが、
後半は谷の右岸に出て公園を周回します。

「さぼう遊学館」の下から堰堤を横切り右岸に出ます。

Hanedani201

堰堤横から新しく作られた藤棚(フジはまだ生育途中?)、
その中を下りながら行きますが、
このフジもこれから大きくなるのが楽しみ ^^;

Hanedani202

谷の右岸にはサクラだけではなくモミジの木もあり、
先に見た第二駐車場周辺のモミジとともにこちらも秋が楽しみです。

Hanedani203

Hanedani204

往路で見た八重桜も、
反対側から見るとまた違った桜模様です。

Hanedani205

藤棚から離れて谷川を下っていますが・・・
右に藤棚はまだ続いています。

Hanedani206

こちらにはバーベキュー施設もあり、
左岸とはちがっうて行楽を楽しむ人たちも ^^;

Hanedani207

Hanedani208

とにかく延々と?続く八重桜の並木ですが、
左岸に比べると本数は少ないです。

Hanedani209

Hanedani210

ただ、こちらにはまた違った八重桜も

Hanedani211

名前を断定できないのがツラいところ・・・ ><;
いろいろと思い出して楽しむのもまたよろしいか。

Hanedani212

下流に架かる「羽根谷水晶橋」まで下りてきました。
ここから左岸に出て駐車した中央部の公園入口へ戻ります。

Hanedani213

こちらにも関山とは違った八重桜、
多分、一葉(いちよう)ではないかと思いますが・・・

Hanedani214

駐車した入口近くです。
昨年と変わりませんが、剪定?された木は”カイコウズ”。
もう花は咲きそうもないですね ><;

チョッと遊びで ^^;

Hanedani215

タンポポを見るとつい、撮ってしまいます ^^;

海津市「羽根谷だんだん公園」の八重桜。
今年は最奥の第一堰堤や、桜の広場?まで足を延ばしましたが、
あらためてその数と見事な八重桜を楽しみました。  camera 22日

2017年4月22日 (土)

羽根谷だんだん公園 そのⅠ

岐阜県海津市南濃町にある「羽根谷だんだん公園」。
春には1,800本のサクラが咲き、
ソメイヨシノが終わると約1、000本の八重桜が咲く桜の名所です。

満開近かった戸田川緑地のサトザクラを見て、
こちらの八重桜もそろそろか?と出かけてみました。

Hanedani01

今年もまた公園の中間部辺りにある入口から、
羽根谷の両岸に咲く八重桜を見ながら上流へ。

Hanedani02

昨年より1週間ほど遅い訪問でしたが、
ちょうど見ごろでしょうか。

Hanedani03

羽根谷に咲く八重桜は、
種類の多いサトザクラの総称でもありますが
そのひとつである関山(せきざん)かと・・・。

Hanedani04

Hanedani05

土砂災害を防ぐための砂防が行われてきた羽根谷に、
砂防堰堤を中心に整備された公園。

Hanedani06

その中心部には龍をモチーフにしたモニュメンがあり

Hanedani07

その傍にある堰堤から眺める下流

Hanedani08

そして、さぼう遊学館がこの公園のメイン施設。

八重桜はさらに先へと続いていて、
この先へと行くのは初めてでしたが
今回はそのサクラを追っかけてみました ^^;

Hanedani09

途切れることがなく続く八重桜の木

Hanedani10

ここから堰堤の前を横切ります。
水量が多いとたぶん通行止めになりそうな川筋をわたり、
この先、左には第二駐車場ですが、いったん右の道へ。

Hanedani11

飯盛山「白龍大神」への登山道を見て少し行くと、
八重桜の広場になっています。
すべて平成8~9年の個人名が入った植樹札が掛かり、
記念植樹されたものでしょうか。

Hanedani12

分岐まで戻って、さらに山道へ。

Hanedani13

第一堰堤から眺める下流部ですが、
ここから先は(後ろになります^^;)「月見の森」への散策路。

Hanedani14

散策路を戻り

Hanedani15

第二駐車場(広い河川敷です)周辺のサクラを
しばし楽しみ休憩。

Hanedani16

戻ったさぼう遊学館から、
羽根谷の対岸(左岸)に出ました。

このあとは羽根谷右岸のサクラを見ながら、
公園の下流部を周回して入口に戻ります。 camera  22日

2017年4月21日 (金)

戸田川緑地のサトザクラ

弥富市の「三ツ又池公園」から、県道70号に出て東に走り、
名古屋市港区の戸田川沿いにある「農業文化園・戸田川緑地」へ。

すでにソメイヨシノは終わりましたが、
ここではそのあとにたくさんのサトザクラ(八重桜)が咲いて、
園内の散策路を彩ります。

Todagawa01

いつものように園内を一周して、
そのサトザクラを楽しみますが、
まずは農業文化園の傍にある”木かげの小径”から。

Todagawa02

クリスマスローズの咲き乱れる?小径を行き

Todagawa03

フラワーセンターの横から散策路には入ります。

Todagawa04

「こどもランド」の前にある第二駐車場の北から
農園、ピクニック広場と回り込んでいきますが

Todagawa05

道沿いに咲くサトザクラは開山(かいざん)

Todagawa06

第5駐車場の先で石橋を渡り、
中央地区の右岸に出ます。

Todagawa07

その右岸に咲くサトザクラを見ながら行くと
第4駐車場都を結ぶ連絡橋に出ます。

Todagawa08

この辺りから、たくさんのサトザクラが植えられていて
各サクラの木には名札がかかり

Todagawa09

まるでサトザクラの見本園か?と思うほど ^^;

Todagawa10

ただ、名札はあってもこれがなかなか覚えられず
毎年同じことの繰り返し ><;

Todagawa11

それほどたくさんの種類がありますが、
ここからサトザクラの咲く散策路を回って行きます。

Todagawa12

Todagawa13

サトザクラは八重桜だけに、
花房の見事なものから、ほんに八重のものまでと多彩 ^^;

Todagawa14

サクラの間に交じるのは白のハナミズキ

Todagawa15

散策路の左右、中央にと咲くサトザクラは、
色とりどりで見ていても華やかです。

Todagawa16

中央地区の北部を回ってサービスセンターへと戻りました。

ふたたび石橋を渡って南地区へ。

Todagawa17

戻る道は川の左岸ですが・・・
ここにもサトザクラの並木が続きます。

Todagawa18

やはり咲くのは関山が中心

Todagawa19

見事なサクラのトンネルを抜けて

Todagawa20

最後は「野外ステージ」の南側にある花の丘でした。

「戸田川緑地・さくらまつり」は今週末の23日(日)まで。
すでに終わったソメイヨシノのあとは、
見ごろを迎えたサトザクラが主役です。   camera 19日

2017年4月20日 (木)

三ツ又池公園のシバザクラ

今年はサクラの開花が遅れたのと天候不順が続いて、
他の花のことを気にしていませんでした。
もう4月も下旬、すでに見逃した花もあり、
この日も朝から雨でしたが、上がるのを待って様子を見に
近場の花どころを走ってみました。

まず「長島水辺の牡丹園」、まだ”つぼみ” の案内板にパス ^^;
そのまま走ってシバザクラの咲く弥富市の「三ツ又池公園」です。

Yatomi01

拠点広場のシバザクラ、
思っていた以上に、すでに見ごろでしょうか。

Yatomi02

ちょっとまだ雨上がりで陽は雲のなか ><;

Yatomi03

冴えない色あいのシバザクラですが・・・綺麗です。

Yatomi04

中之島

Yatomi05

まだ咲いていない部分もありますが、
こちらも見ごろ近し!

Yatomi06

Yatomi07

明け方まで雨が降ったこともあり、
少し湿りがちな花だけに見映えがしませんが ^^;

Yatomi08

日が差せば・・・

Yatomi09

Yatomi10

いっきに満開の見ごろを迎えそうです。

Yatomi11

対岸から見た「拠点広場」。
散策路沿いのシバザクラはまだ一部しか咲いていません。

Yatomi12

公園を半周して戻った拠点広場、
ようやく日が差し始めたシバザクラの丘でした。

公園の中心部、拠点広場と、
中之島のシバザクラはほゞ見ごろ。
全体では6~7分咲きでしょうか?  camera 19日

2017年4月19日 (水)

尾張の官道 上街道

以前に、中山道と名古屋城下を結んだ下街道(したかいどう)
善光寺道ともいわれる旧街道を歩いたことがあります。
名古屋城下と中山道を結ぶ道はもうひとつあり、
こちらは、尾張藩が参勤交代のときに中山道に出るため、
五街道並みの規格でつくられた官道の上街道(うわかいどう)です。

まだサクラの綺麗なときに、とりあえず小牧の北端にある
田県神社まで歩きました。
いつものことながら、旅人だけが楽しむだけの街道歩きですが・・・ ^^;

Uwakaido01

スタートは名鉄瀬戸線の東大手駅を出た、
名古屋城の東大手門。

上街道は、ここから出来町通りを東へと歩いて、
名古屋高速下を左折、北へ数百メートル歩いて斜め右に
旧道へとは入るとあとはただ北上するのみ。

Uwakaido02

名鉄瀬戸線清水駅を過ぎてしばらく行くと、
「稲置(いなじ)街道」の案内があるポケットパーク。
犬山の楽田まではこの稲置街道と重複し、
木曽街道とも呼ばれます。

Uwakaido03

道は黒川の県道102号線と環状線で分断されますが、
志賀橋交叉点で迂回して、さらに北上すると庄内川に。

Uwakaido04

ここは歩道橋の「ふれあい橋」で渡ります。
この先がチョッと複雑で迷いながら出たところが

Uwakaido05

「味鋺神社(あじまじんじゃ)」前の。

Uwakaido06

この道もまた神社仏閣が多いですが、
ここは味鋺神社と「護国院」が隣接しています。

寺内を拝観しながら旧道に戻り、
あとは味鋺の集落を抜けて行きます。

Uwakaido07

途中にある「首切り地蔵」を見ると(曰くは省きます ^^;)、
その先で県道102号線に出ますが・・・

Uwakaido08

先に見えた綺麗なサクラに寄り道、
案内には春日公園(春日山古墳)とありました。

ここからは長~~い県道歩きになります。
途中に見どころはなんにもありません ><;
ただ、途中春日井市中町の道端、「正念寺」にあった芭蕉句碑。

Uwakaido09

句は”來與に(いざともに)穗麥喰はん 草枕 芭蕉 ”
貞享2年(1685) 野ざらし紀行での吟。
我が手引書には、寛政12年(1800)の建立とあります。
これもまた、歩き旅の楽しいところでしょうか。

街道は小牧市に入ってようやく県道から離れます。

Uwakaido10

そして「小牧宿」に入ると、下之町にある「岸田家」と、

Uwakaido11

すぐ隣には「小牧御殿」、「小牧代官所跡」があります。
ここが小牧宿の中心部で、
しばらく行くと宿の桝形になる戒蔵院前に出ます。

Uwakaido12

左手に見える小牧山の桜に未練はありましたが、
先を急ぎます。

Uwakaido13

「戒蔵院」山門と

Uwakaido14

その前にあった道標
「南 名古屋 東 木曽街道 犬山道」と刻まれています。

このあともただ歩くのみ、小牧原、味岡と過ぎて

Uwakaido15

「田県神社」を見ると

Uwakaido16

すぐ先には久保一色の交差点。
ここから県道を離れて左に旧道へ入るとすぐに犬山市ですが、
今回はここまでで、傍にある田県神社前駅から戻ります。

名古屋から小牧、犬山を通り、中山道伏見宿にいたる
十里八町(約40km)を行く尾張の官道「上街道」。
続きは、またの機会に・・・。    camera 4月12日

2017年4月18日 (火)

三島池ときゃんせの森の桜

道の駅で買物を済ませてから向かった三島池。
ここもまた、たくさんのサクラが咲いていて、
休日には多くの家族連れで賑わうところです。

この日はちょうどお昼時の到着。
いつものように駐車場から池へと向かいますが・・・

Mishimaike01

傍にある広場のサクラは満開!
その下ではたくさんの方たちがお花見中です。

Mishimaike02

広場の先にある「水鳥の詩」像も
サクラの時期は絵になります ^^;

Mishimaike03

この時期はいつもの三島池と違って、
カモの代わりに満開のサクラです ^^;

Mishimaike04

池沿いを回っていきますが

Mishimaike05

Mishimaike06

池のカモたちも、さすがに少ないです ^^

Mishimaike07

サクラはすでに散り始めてはいますが、
今がちょうど満開の見ごろ!でしょうか。

Mishimaike08

バーベキューサイトから、キャンプサイトへと続く道

Mishimaike09

Mishimaike10

サクラの咲くサイトには、さすがに日曜日、
たくさんのテントが張られていました。


この日はここから北西に1.5kmほどにある
「きゃんせの森」に立ち寄ります。

Kyanse01

ここには見事なシダレザクラの帯です。
公園の芝生広場を取り巻くように、
植えられているベニシダレが満開でした。

Kyanse02

Kyanse03

ここは三島池とは野散策コースになっていますが、
「きゃんせ」とは、地元の言葉で
「きてください」とか「いらっしゃい」を意味するようです ^^;

Kyanse04

森と人とのかかわりについて学び、自然とのふれあいを通して、
豊かな心をはぐくんでもらおうというのが目的とか。

Kyanse05

樹木観察や
森林浴が楽しめる森林公園になっています。

Kyanse06

サクラはシダレだけではなく、
ソメイヨシやヤマザクラに、オオシマザクラも咲いています。

「三島池」のソメイヨシノも良し! 
「きゃんせの森」のシダレザクラもまた良し!
違ったサクラを楽しむのも、またよろしいかと。  camera 16日

«伊吹山麓のサクラ