2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年6月26日 (月)

河辺いきものの森の梅花藻

東近江市宮荘町のアジサイを見たあとは戻る道筋、
こちらも東近江市、建部北町にある「河辺いきものの森」でした。
自然に親しみ、環境学習や体験学習の場として整備された里山で、
すぐ傍を流れる愛知川沿いにある
河辺林(河川に沿って分布する森林)です。

この日の目的はこちらでしたが久しぶりです ^^;

Kawabe01

季節にあわせた植物や、里山の風景が楽しめますが、
そろそろ梅花藻が咲いているはずではと・・・

Kawabe02

入口を入ってすぐにある”ハリヨ池”
ここから湧き出す水が水路をつくり小川となりますが
その池のすぐ横にバイカモが咲きます。

Kawabe03

水路に架かる橋の上流部

Kawabe04

すでに多くの花が咲いていて
雨が少なかったこともあってか?水量も少なく

Kawabe05

花は水面に立ちあがっています。

Kawabe06

こちらは橋の下流部

Kawabe07

こちらは少し少ないですが

Kawabe08

Kawabe09

ともに綺麗な花が楽しめました。

Kawabe10

水路の下流部から
森への入口にある橋とバイカモの咲くところ。

ここはいくつかの林に区画された散策路が整備されています。
ネイチャーセンターの前から水辺を行くと

Kawabe11

まずは”くさはらひろば”

Kawabe12

咲く花はオカトラノウやホタルブクロ
ここを取り巻くようにある”体験の林”や”野鳥観察小屋”

Kawabe13

さらに奥へと進む散策道

一周するだけなら30分もあれば回れますが、
ここは森のなかとはいえ、結構暑いんです ><;
この日はバイカモの開花確認だけでした。  camera 24日

2017年6月25日 (日)

東近江 宮荘町のアジサイ

滋賀県東近江市宮荘町の宮荘川沿いに咲くアジサイが
見ごろ・・・との、新聞記事を見て調べたところ、
東近江市のHPではすでに1週間前に見ごろとの紹介でした。

わざわざ見に行くほどでもないか?と思いながら、
チョッと気になるところもあって出かけてみました。

Higasisyo01

場所は”五個荘観光センター”から北にある田園地帯

Higasisyo02

流れる宮荘川両岸300mに
約1,000本のアジサイが植えられています。

Higasisyo03

平成19年から、地元住民らでつくる宮荘町環境保全協議会が、
農地・水・環境保全向上対策として
桜の苗木とともに植樹されたものだそうです。

Higasisyo04

Higasisyo05

今年は雨が少なくて、
平年より1週間ほど開花が遅れたという・・・

Higasisyo06

Higasisyo07

多彩な色のアジサイですが、
植えられているのはてまり種ばかり ^^;

Higasisyo08

花はまだ見ごろですが

Higasisyo09

Higasisyo10

近づくと

Higasisyo11

残念ながら、やはり茶色く色あせた花が多く、
これは日焼けのためでしょうか。

Higasisyo12

地元の方の手によって植えられただけに、
アジサイの間にはメッセージボードもあります ^^

Higasisyo13

変化には乏しい川沿いに咲くアジサイですが、
その両岸のアジサイロードを一周しました。

まぁ、わざわざ遠征をするほどでもなかったんですが、
もうひと花も確認したくて走った近江路。
そのもうひと花はこのあとに ^^;    camera 24日

2017年6月24日 (土)

河川環境楽園 木曽川水園

岐阜県各務原市川島笠田町にある河川環境楽園の「木曽川水園」。
園内のハンゲショウが色づき始めたとの情報に、
まだ早いかな?とは思いながら、
この日は天気も良く、週末で混雑する前にと出かけてみました。

いつもは水園の下流部に咲くハンゲショウからですが、
この日は楽園の入口から水園に咲く花たちを見て行きます。

Suien1701

Suien1702

河川環境楽園入口のハンゲショウ、
ここから木曽川水園へと水路沿いに行きます。

Suien1703

咲き残るハナショウブや
少しだけですが咲いているスイレンを見ながら

Suien1704

木曽川水園の入口、
ここからは木曽三川公園のエリアになります。

Suien1705

アジサイも咲いていますが・・・少しだけ ^^;

Suien1706

”木舟遊覧のりば”の先に咲くハンゲショウ

Suien1707

まだチョッと早いかな?・・・って感じですが、
この日は平日のお昼前でもあり静かな水園です。

Suien1708

木舟遊覧のお客さんもいないだろうと思っていましたが
やはり花だけでは寂しく、ツイていました。

Suien1709

今年はハンゲショウも、やはり色づきが遅れているようで、
見ごろまではあと少しでしょうか。

ここが下流部になり、ここから中琉部、上流部へと行きますが、
この日、水園に咲いていた花から

Suien1710

Suien1711

カワラナデシコ

Suien1712

中流部にある農家はすでに”七夕”モードです。

Suien1713

上流部へと行く道筋にはオカトラノウが咲き始め

Suien1714

ノリウツギも咲いています。

Suien1715

上流部の楽しみは”垂水の沢”
吹きだす霧?が幽谷の雰囲気を醸し出しています ^^;

このあとは”大滝”を見て戻ります。
この時期、ハンゲショウの群生が楽しめる「木曽川水園」、
見ごろはこれからのです。    camera 23日  

2017年6月23日 (金)

船頭平河川公園

まもなくハスの季節が始まりますが、
近隣でも比較的早くから咲きだすハス田があります。
愛知県愛西市立田町にある木曽三川公園「船頭平河川公園」。
ここはアジサイも咲いていて、
この時期、うまくいけば両方が楽しめるところ。
とはいえ、見ごろはやはり7月には入ってからですが・・・

ダメもとでした ^^;

Sendohira01

駐車場のすぐ傍にあるハス田

Sendohira02

さすがに早すぎて咲いている花は少なく
ふたつのハス田にチラホラですが

Sendohira03

ミセススローカム

Sendohira04

まぁ、ゼロよりはよろしいか

Sendohira05

こちらはマイヒレン

Sendohira06

Sendohira07

早咲き種だけにまだつぼみが多いのは当然として、
すでに花を落とした花托も見られます ^^;
これから15種類のハスが咲きだしますが・・・
さて、今年はどんな感じでしょうか。

Sendohira08

周辺に咲くハルシャギクも、
昔ほど群生する場所がなくなってきました。

Sendohira09

スイレン池

Sendohira10

ポンテデリアも咲いています。
と、ここまでは予想どうりでしたが・・・

Sendohira11

肝心のアジサイはまだ咲き始めでした。

Sendohira12

これはチョッと誤算でした。

Sendohira13

花に蝶!か、ナミアゲハ

Sendohira14

こちらはゴマダラカミキリ

Sendohira15

オマケはひまわりでした。

この日はハスの様子見に訪れましたが、
予想通りの?ダメもとでした ^^;
あらためて、見ごろのころに来てみましょう。  camera 22日

2017年6月22日 (木)

藤原岳

国見岳へのミニ登山で、久しぶりに山歩きがしたくなり、
歩きなれた山でと、久しぶりの藤原岳です。
花には期待できない時期ですが、途中に咲いていた花など撮りながら、
時間をかけてのマイペース登山でした。

途中を省略して、
いきなりですが9合目の藤原山荘(避難小屋)です。

Fujiwara01

初春にはフクジュソウの咲き乱れるところですが、
今は、何の花もありません^^;

Fujiwara02

いつの間にか新設されていたトイレに、
ずいぶんと登っていなかったブランクを感じます。

Fujiwara03

この日の展望台(山頂)。
山頂へと続く道もが綺麗に見えていますが、
こちらもいつの間にか整備されたようです。

この日も展望台へは行きませんでしたが、
これは次回の楽しみに ^^;
で、少ないですが登る途中に咲いていた花から。

Fujiwara04

この日いちばん咲いていたのはサワギク。

Fujiwara05

7合目辺りから咲くこの黄色い花に元気をもらいながら・・・

Fujiwara06

8合目周辺には満開のウツギ、
ここから9合目への道沿いは多くの花が咲くところですが・・・
さすがにこの時期、花は少ないです ^^;

Fujiwara07

咲き始めていたバイケイソウ

Fujiwara08

フタリシズカ

Fujiwara09

ヒョクソウ

Fujiwara10

ボケボケですが、
花房が左右対称に延びる形が同じで比翼草といわれます。

まぁ、こればっかりは登る身だけの楽しみですが、
気分転換に違った花もよろしいかと ^^;
少ない花ですが載せてみました。   camera 20日

2017年6月21日 (水)

墨俣 犀川堤のアジサイ

輪之内町から長良川堤防をさらに北へと走り、
向かったのは大垣市墨俣町の犀川堤でした。
輪之内町とは例年セットで訪れていますが、
こちらもすでに「あじさいまつり」は終わっています。

もうアジサイに期待はしていませんでしたが・・・

Sunomata01

こちらは思っていた以上の咲き様

Sunomata02

観光駐車場からいったん墨俣一夜城まで出て、
犀川堤を戻ります。

Sunomata03

Sunomata04

少し傷んだ花もありますが、
まだ咲き始めの花も多く・・・

Sunomata05

Sunomata06

花数自体が少ないのは、
やはり水不足が影響しているのでしょうか?

Sunomata07

堤防から下りて寺町へと行きます。

Sunomata08

ここへ来た目的はもうひとつ、
”しだれ梅”で知られるここ「光受寺」に咲くアジサイでした ^^;

Sunomata09

Sunomata10

銀河の花火

特に何が・・・と、いうわけではありませんが、
見慣れたアジサイ以外の花を見せてもらえるところ ^^;

Sunomata11

海峡

Sunomata12

隅田の花火なども咲いて

Sunomata13

気分転換にもなる「光受寺」のあじさいでした。

墨俣市犀川堤のアジサイ。
今回は北側の一部だけで南側の堤は確認していませんが、
こちらもまだしばらくは楽しめそうです。   camera 19日

2017年6月20日 (火)

輪之内町本戸のあじさい

このところ見ごろのアジサイをまだ見ていませんが、
この日は岐阜県輪之内町本戸地区にある輪中堤へ。
堤の中心部にある中将姫公園、たいしょう池周辺と、
輪中堤に20種、約6,000株のアジサイが咲きます。

「あじさいまつり」が終わったばかりの昨日(月曜日)、
今回は少し期待して出かけてみました。

Wanouchi01

中将姫公園、たいしょう池周辺

Wanouchi02

咲いてはいますが・・・ここもまだ早かった ><;
オマケに水不足での発育不足?か。
花に日焼けか?茶色い傷みが目立ちます。

Wanouchi03

輪中堤に上ります。

Wanouchi04

今年の田んぼアートは、
関ヶ原合戦をイメージしたもので、こちらはちょうど見ごろ。

Wanouchi05

で、肝心のアジサイはというと・・・
こちらもちょっと寂しい ><;

Wanouchi06

輪中堤に咲くアジサイ

Wanouchi07

Wanouchi08

花の傷みは別にして、満開まではあと少し?

Wanouchi09

途中で堤を下ります。

Wanouchi10

この日も朝から暑い日で、
この時間ですでに30度を越えています ><;

Wanouchi11

Wanouchi12

堤周辺のアジサイはガク系が多いこともあり、
咲いてはいるものの、見映えもいまひとつ。

Wanouchi13

Wanouchi14

照りつける日差しのなかで、
さすがにひと雨が欲しいところでしょうか。

オマケ!

Wanouchi15

kれはてまり種ですが、
その装飾花の中に咲く真花(両性花)です ^^;

ここは少々期待していたところだけに、
ちょっと残念な咲き様のアジサイでした。
見ごろはまだこれからのようです ^^;   camera 19日

2017年6月19日 (月)

御在所岳から国見岳

久しぶりに山歩きにと出かけた御在所岳から国見岳。
とはいえ、下から登る元気もなく ><;
この日もロープウエイでの楽ちん登山で御在所山上へ。
そこから裏道登山道を下りて、
国見峠から登り返す「国見岳」の往復ミニ登山でした。

いつもの朝陽台広場から裏道登山口に行きます。

Kunimi01

目指す国見岳へは標高差、約100mほどの下りと上り。
どちらも約20分ほど ^^;

Kunimi02

タニウツギの咲く裏道入口から登山道を下ります。

Kunimi03

途中から眺めるこの日の国見岳

Kunimi04

下ること15分ほどで国見峠到着。
右に行けば裏道登山道、左へ行くと上水晶谷へ、
国見岳は直進して行きます。

しばらく岩のゴロつく道を登って行きますが、
目の前が開けると

Kunimi05

まばゆいばかりの白砂と巨岩の集まった砂礫地に出ます。

Kunimi06

この辺りから眺める景色は素晴らしく、
御在所岳北面の荒々しい岩肌を見ることができます。

Kunimi07

日本三大岩場といわれるロッククライマーのメッカ藤内壁

Kunimi08

奇岩も多く、ひと息入れるにも最高の場所です。

ここからは林の中を行く平たんな道

Kunimi09

国見尾根登山道を分けると

Kunimi10

すぐに石門への分岐
すぐ傍にある石門に立ち寄ります。

Kunimi11

これも奇岩といえば奇岩、
登山道にかぶさるようにあるまさに門です ^^;

戻って、最後のクサリ場をひと登り

Kunimi12

目の前に現れた巨岩が「国見岳」の山頂、1175m。
岩に登らなければ視界が開けませんが・・・

Kunimi13

視界はほゞ360度の展望です。

ここから少し登山道を根の平峠側に行くと、
イワカガミの群生地がありますが・・・

Kunimi14

時期外れとはいえまだ数輪が咲き残っていました。

戻ります ^^;

Kunimi15

Kunimi16

御在所岳は今、
サラサドウダンとベニドウダンが見ごろです。

御在所岳の人気に隠れて目立たない山とはいえ、
その途中に訪れる人も多い国見岳。
この日は往復1時間30分ほどのミニ登山でした ^^; camera 17日

2017年6月18日 (日)

明治村

小牧市の「市民四季の森」から戻る途中、
犬山市内山にある博物館「明治村」に立ち寄りました。
この時期は花に期待はできませんが、
少しは植えられているアジサイと緑の村内を散策です。

とにかくムチャ暑い日になりました ><;

Meijiv01

まずはリニューアルされた北口からの入村、
いつものように5丁目から村内をひと回りします。

Meijiv02

アプローチのアジサイは帝国ホテル横の散策路、
ここもやはりまだ咲き始めたばかりのようです。

Meijiv03

宇治山田郵便局への道筋からSL名古屋駅前を通り、
その先で”逍遥の小道”へと入ります。

Meijiv04

とにかくこの日は暑さを避けるため、
できるだけ緑のあるところを選んで行きます。

Meijiv05

小道を抜けた2丁目のレンガ通りから、
直接続く小道で1丁目の三重県庁前に出ました。

ここから正門前を通って

Meijiv06

聖ヨハネ教会堂へと抜ける”森の小道”へ。

緑の小道がさわやかに感じるのは、
初夏のこの時期だからこそ・・・でしょうか ^^;

Meijiv07

学習院長官舎への道沿い

Meijiv08

日本庭園の新緑から、
森鴎外・夏目漱石住宅を見て

Meijiv09

”偉人坂”を下ります。

Meijiv10

2丁目、市電京都七条駅踏切
アジサイはこの一株だけです ^^;

ここからは3丁目の大外を回り込みます。

Meijiv11

市電品川灯台駅から品川灯台への道、
この辺りは紅葉の綺麗なところ。

Meijiv12

品川灯台
ここが村の東端になりますか ^^;
3丁目を回り込んで行くと

Meijiv13

4丁目の休憩所に出ますが、
その裏側に植えられたアジサイと

Meijiv14

七条坂周辺のアジサイ。
この辺りがアジサイの見どころですが・・・
残念ながらまだ咲き始めたばかりでした。

Meijiv15

その代わりではありませんが、
近くにある無声堂前に咲くハナショウブです ^^;

Meijiv16_2

小さなハナショウブ園ですが、これは知りませんでした。
しばし花を楽しんで

Meijiv17

市電 名古屋駅への上り口
もう少し咲いていてくれたら・・・と思いながら、
5丁目に戻って菊の世酒造を経由して

Meijiv18

金沢監獄看守所への道を下ります。

Meijiv19

あとは5丁目の北東部を残すだけ ^^
内閣文庫から川崎銀行本店の前を通り、最奥にある
大明寺聖パウロ教会堂を見て新大橋へと戻ります。

Meijiv20

戻る木陰の道

Meijiv21

まばらに咲くアジサイからチョイスしたひと花

Meijiv22

最後は定番 ^^; 帝国ホテル中央玄関前でした ^^;

明治村をほゞ一周、約5.5km。
今回は緑の小道とアジサイを中心に載せてみましたが、
一部の施設見学、昼食タイムを含めて約3時間。
暑さに少しバテ気味の散策でした ><;   camera 15日

2017年6月17日 (土)

小牧 市民四季の森

季節の花アジサイも見ごろを迎えているところが多くなりましたが、
我がアジサイ見物はどうも早すぎて不発に終わっています ><;
この日は小牧市大字大草にある「小牧市民四季の森」でした。

開催中の”バラ アジサイまつり”は明日・18日(日)までですが、
アジサイの開花が気になっていました ^^;

「あじさいの丘」南入口から

Komakip01

この咲きように期待しましたが・・・

Komakip02

Komakip03

あとは残念ながら、
ここもまた早すぎました ><;

Komakip04

昨年は11日で見ごろと開花が早かったのか、
一昨年は20日が見ごろだったことを思うと今年は例年並みか?

咲いていた綺麗どころを集めていますが

Komakip05

アナベルもまだ色づきがいまひとつ

Komakip06

どうも雨が少ないためでしょうか?

Komakip07

近づくと花も元気がありません。

Komakip08

展望台への道
この辺りは日が当たるためか比較的綺麗に咲いています。

アジサイがだめならと展望台を経てバラ園へ

Komakip09

例年のことながら、
アジサイとともに行われている”バラまつり”

Komakip10

こちらはまだまだ綺麗なバラが楽しめます。

Komakip11

Komakip12

アジサイがだめならバラ!・・・というわけではありませんが、
両方が楽しめるのがここのいいところ。

「ちびっこ動物村」へと向かう途中のアジサイの道

Komakip13

ベニガク
ここはまだ咲き始めでしたが、
咲いていたのはヤマアジサイ系。

Komakip14

シチダンカ(七段花)
装飾花に元気がありませんが、
これは終盤間近かの反転か、それとも水不足か?

Komakip15

この日もまた暑い日でした ><;

「小牧市民四季の森」のアジサイは、
まつりの終わる18日以降、
週明け辺りからが見ごろになりそうです。  camera 15日

«文殊の森・城跡散策