最近のトラックバック

2016年8月29日 (月)

JRで行く滋賀の城巡り Ⅱ

アプリを使って滋賀県のお城をめぐるという、
”JRで行く滋賀のまち歩き ~お城めぐり~” スタンプラリー。
チョッと面白そうで始めた一回目でしたが、
今回は守山市浮気町(ふけちょう)にある
「浮気城」に興味があり、続きの二回目です。

今回のスタートは中継駅の「近江八幡駅」から「守山駅」へ

Bwaichi201

守山駅 東口

Bwaichi202

ロータリーにある「浮気町」案内板。

”ハリヨとふれあいの町 浮気”とありますが、
もともとは野洲川沿いの湿地帯で
古くからゲンジボタルの生息地としても知られます。

ここから東へ少し歩きます。

Bwaichi203

現在も集落の水路には鯉が泳ぎ、
ハリヨの保全活動も行われているとか。

Bwaichi204

住吉神社

毎年正月の第二土曜日に行われる
浮気の火祭り「松明祭」で知られる神社ですが、
この神社境内が「浮気城」のあったところ。

残念ながら城跡を示す石碑や解説板がまったくなく、
初めは境内をウロウロするばかりでしたが ><;

Bwaichi205

ようやく境内裏手に回り土塁をみつけました ^^;

Bwaichi206

中世には北条氏の出である浮気氏の本拠地であり、
堀と土塁で二重に囲まれた平城であったという。

守山市にある城跡のなかでも比較的
空堀や土塁が残っているようですが、
残念ながら見た目はかなり風化しています。

戻って次は大津市の膳所(ぜぜ)駅へ

Bwaichi207

JR膳所駅

Bwaichi208

ロータリー左には京阪電車の「膳所駅」があり、
直進して行けば”ときめき坂”から旧東海道に出て
「義仲寺」ですが・・・、
今回は右に折れて最短距離で「膳所城跡」です。

Bwaichi209

東南へ真っ直ぐに歩き、
「京阪「膳所本町」駅の踏切を渡り東へ行きます。

Bwaichi210

すぐに「膳所神社」
正面の門は膳所城の本丸大手門で重要文化財。

県道を渡ると

Bwaichi211

今は整備されて膳所城址公園となっている
膳所城本丸跡の正門

Bwaichi212

城跡の碑が建つ本丸跡

徳川家康の命により、
天下普請によって藤堂高虎に最初に造らせた城で、
日本三大湖城(膳所城、松江城、高島城)のひとつ。

Bwaichi213

公園東側に立つ「天守閣跡」碑

私的趣味で恐縮ですが ^^;
その先にあるのが芭蕉句碑。

Bwaichi214

碑面は
”湖や 暑さを惜しむ 雲の峰”
元禄7年(1694)6月、義仲寺「無名庵」に
最後に滞在していたときの吟で、
大津市にある20近い句碑のひとつです。

Bwaichi215

こちらは近江大橋の袂から見る琵琶湖、
ここからの眺めは
近江八景「粟津の晴嵐」ならぬ「晴嵐夕映」とか。

琵琶湖も楽しんで旧東海道を戻ります。

Bwaichi216

道沿いには膳所城北総門跡もあり、
ほんの少しだけ街道歩きを楽しみます ^^;

Bwaichi217

戻ってきました”ときめき坂”下

Bwaichi218

そして、
すぐ傍にある「義仲寺」です。

”JRで行く滋賀のまち歩き ~お城めぐり~” スタンプラリー。
これでJR琵琶湖沿線の城巡りは終わりました。
このあとは草津線と、湖西線沿線のお城ですが、
それはまたの機会に・・・。     camera 26日

2016年8月28日 (日)

なばなの里のオニバス

今年は木曽三川公園「アクアワールド水郷パーク」の
オニバスの開花が危ぶまれましたが、
一輪の開花を確認後も順調に生育して
現在は4株が開花しているそうです。

ところで、昨年初めて知った「なばなの里」に咲くオニバス。
こちらはどうか?と気になっていて、
少し前に見に出かけていました ^^;

Nabana801

花に戯れる蝶をみながら・・・
里の中央にある池をめぐります。

オニバスは池の南側に沿って数ケ所にみられますが

Nabana802

こちらは初めて確認するところ。

Nabana803

どこも遠くて分かりにくいんですが ><;
アップで撮るとたくさんの花芽が確認できます。

Nabana804

「ベゴニア館」横の花壇

この先、
池を回り込んでいきますが

Nabana806

池の淵に沿うようにたくさんのオニバスが生息していて、
すでに開花しているのが分かります ^^

Nabana807

ただ、どこも近寄ることができず、
花を楽しむことができないのが残念ですが ><;

Nabana808

池に架かる橋の傍からですが、
ここがまだいちばん花に近いところでしょうか。

Nabana809

橋の袂に咲くノボタン

全て遠くからの撮影でしたが、
今年はたくさんのオニバスの花が確認できました。
ここもまたこれからが楽しみです。   camera 25日

2016年8月27日 (土)

JRで行く滋賀の城巡りⅠ

滋賀県のびわこビジターズビューロー公式アプリ、
「ビワイチApp」で観光スポットをめぐるスタンプラリー。
どうも例年行われている企画のようですが、
今年はJRに乗って載って滋賀県のお城をめぐるという、
”JRで行く滋賀のまち歩き ~お城めぐり~” だそうです。

まぁ、車で回ればなんとはない城めぐりですが、
これは面白いか?と、チョッと挑戦してみました。

Biwaichi01

スタートはどこからでもいいんですが、
まずは長浜城から。
お城を見て(スタンプ確保 )駅に向かいます。

Biwaichi02

JR長浜駅
構内でスタンプをGetすれば完了ですが、
少し駅周辺なども見て回ります。

Biwaichi03

駅前ロータリーにある「秀吉と石田三成出逢いの像」、
この日は「舎那院」まで行き戻りました ^^;

Biwaichi04

構内のステンドグラス壁画は
「長浜曳山まつり・子供歌舞伎の図」です

お城と駅でふたつのスタンプをGetして、
ここからスタンプラリーのスタート!

Biwaichi05

JR北陸線に乗車して
次の指定駅は琵琶湖線「彦根」です。

Biwaichi06

近江鉄道が隣接するJR「彦根駅」

Biwaichi07

彦根といえば”ひこにゃん” ^^;

Biwaichi08

駅前ロータリーには
彦根35万石初代藩主「井伊直政」の銅像です。
ここから少し歩いて彦根城へ。

Biwaichi09

彦根城天守は入城しなければ近寄れませんが、
中堀”いろは松”と「佐和口多門櫓」越しに見る天守。

Biwaichi10

スタンプをGetするために一応、表門橋を渡ります ><;

さて、そのスタンプラリーですが

Biwaichi11

ご覧のようにスマホを使ってスタンプをGetしていきます。
今回はJRの駅を11箇所とお城が7個所、
合計18ケ所をまわることになります。

まぁ、紙でいいと思うんですが、
そこは便利なアプリがあるもので ^^;

駅に戻って次は「安土駅」、お城はもちろん「安土城」。

Biwaichi12

その「安土駅」、
下車するのは初めてでした。

駅前には観光案内と貸自転車の店がありますが、
ここはお城まで歩きます ^^;

Biwaichi13

田園地帯の先に見える「安土城跡」、
最短距離を行きますが、約1.5kmほど。

Biwaichi14

右には「安土城考古博物館」と、
「安土城天主信長の館」の建物が見えます。

Biwaichi15

何度も訪れている「安土城跡」ですが、
歩いての見学は「朝鮮人街道」歩き以来・・・何年ぶりか?

Biwaichi16

大手門東側石塁とその先には大手道が見えますが、
今回は登城しませんでした。

駅に戻ってこの日はここまで、
中継駅の「近江八幡駅」で時間切れでした。
まぁ、面白い企画ですが結構歩きもあり、
これも好きだからこそできる・・・でしょうか。  camera  22日

2016年8月26日 (金)

大垣ひまわり畑 平町

今年のヒマワリもどうやらこれで見納めになりそうですが、
大垣市平町地内のひまわり畑です。
第一期のヒマワリが終わって、
今は第二期のひまわり畑が見ごろを迎えています。

第一期のヒマワリは見ることができませんでしたが、
遅ればせながらの大垣平町です。

Ogaki01

右がすでに終わった第一期のひまわり畑。
ご覧のように期は分かれましたが、
それでも広大なひまわり畑です ^^;

Ogaki02

この日は未明に雨が降り、
その影響で雲が厚かったんですが・・・

Ogaki03

着いたら少しずつ晴れ間が出始めました。

Ogaki04

吹く風は秋を思わせるような涼しいですが、
日が差すとさすがに猛烈な暑さです ><;

Ogaki05

Ogaki06

後半(第二期)に播種されたひまわり畑ですが、
今がちょうど見ごろ!

Ogaki07

平町のひまわり畑といえばやはり新幹線ですが・・・
今回は少し雲とヒマワリも ^^;

Ogaki08

Ogaki09

Ogaki10

養老山系はまだ雨模様?でしょうか?
雲が厚いです。

Ogaki11

ひっきりなしに走る過ぎる新幹線とヒマワリ、
ここではどうしてもポイントになります ^^;

Ogaki12

日差しのなかのアップも一枚!

Ogaki13

開花情報では
今週末までは見ごろが続くそうです。

ヒマワリが終わるとコスモスですが ^^;
ここ平町のヒマワリ畑東側にはコスモスが植えられていて、
9月中旬頃から見ごろを迎えるようです。  camera 25日

2016年8月25日 (木)

醒井地蔵まつり

滋賀県米原市醒井の旧中山道醒井宿で、
毎年8月23・24日に行われる「醒井地蔵まつり」。

もちろんメインは夜の祭りですが、
ここ醒井では住民の方たちによる”つくりもの”が人気で、
今年も明るいお昼の時間に出かけてきました ^^;

Samegai01

町なかには夜の本番に向け赤い提灯とともに、
各町ごとに手作りの”つくりもの”が飾られています。

Samegai02

最初は醒ヶ井駅から国道を渡った町の入口、
大正通りのつくりものですが、やはりこれでした ^^;

Samegai03

大正通り、もう一組は
NHKみんなのうた”りふじんじん”
すでに灯りが入っていますが・・・明るすぎです ^^;

Samegai04

地蔵川を渡ると西町のつくりものは「羽生結弦」。

ここから地蔵川を遡っていきますが、
やはり気になる梅花藻とともに ^^

Samegai05

散ったサルスベリとの競演も綺麗ですが・・・、
ここはちょうど地元の方がひとり、
絡む落ち葉を取り除いて下さったあと ^^;

Samegai06

以前に載せたときは地蔵川の梅花藻も、
もう見るところが決まったと、書いてしまいましたが・・・
あらためて訂正します m(__)m;

Samegai07

やはり、水量が減れば
ご覧のとおり見事なバイカモが見れます (汗;

Samegai08

定番の「醒井宿資料館(問屋場)」前。
ここは前から花が立ち上がっていただけに水量が減り、
かえってサルスベリとの競演はありません。

Samegai09

代わりに?
この日は「陶あかり作品展」の展示準備中でした ^^

Samegai10

この町筋は中町、
そのつくりものは”こびととくつや”です。

Samegai11

少し上流、地蔵町は”花咲かじいさん”
すぐの「延命地蔵堂」は通りすぎて・・・のちほど ^^;

Samegai12

「居醒の清水」から新町筋へとは入ります。

Samegai13

新町最初はこちら ^^
”きゅうりで作る「話題のこの人」わかりますか?”

Samegai14

新町子供会のテントの中には「お地蔵さん」。
「地蔵盆」は町内の子供たちの祭りでもあります。

Samegai15

そしてつくりものは「”足踏み水車”
新町といえばやはり動くつくりもので人気ですが・・・
もうひとつはいつものところ

Samegai16

ここ、国道沿いにあります。

Samegai17

今年は”それいけ!!あんぱんまん”で、
窓から飛び出す”あんぱんまん!”でした。

戻ります。

Samegai18

「醒井延命地蔵堂」

Samegai19

「地蔵堂」の傍にあるお地蔵さんですが、
もちろん祭りの主役です ^^

Samegai20

西町に戻って「西行水」、
さらに中山道を西に歩くと昭和町にでます。

Samegai21

こちらは話題の”ポケモンGO!”でした。

Samegai22

地蔵川橋から地蔵川を戻って栄町へ

Samegai23

つくりものは”こころの故郷”とありましたが、
京都五山の送り火と茅葺きの村落・・・。

一度は夜の本番に出かけてみたい「醒井地蔵まつり」。
今年もまた厳しい残暑のなかで、
綺麗な梅花藻とともに楽しみました。  camera 23日

2016年8月24日 (水)

日本昭和村

岐阜県美濃加茂市にある「平成記念公園日本昭和村。
昭和30年代の里山の風景と暮らしに触れる・・・
そんな時代をイメージして再現されたテーマパークです。

近隣には「博物館明治村」に「日本大正村」と、
時代を表す博物館があり何度も取り上げていますが、
ここを載せるのは実に8年ぶりです。

Showamura01

そのときは”ひまわり畑”でしたが、
今回は園内をぐるりとひと回りします。
長くなりますが・・・

Showamura02

最初の施設、養蚕農家の「かいこの家」から、

Showamura03

グルメ、体験、お買い物など、
園路沿いに建ち並ぶ建物をみながらです。

Showamura04

古き良き昭和の町並み

Showamura05

店の中にも昭和ノスタルジアが

Showamura06

名誉村長中村玉緒さんの「玉緒の店」

Showamura07

園路を里山バスが走ります ^^;

Showamura08

土・日はイベント会場になる「あじさい工芸館」
ここには茶室「飛水庵」や
「能楽堂」が隣接して秋は紅葉が綺麗なところ。

Showamura09

登り窯に炭焼き小屋

Showamura10

棚田の傍には「蕎麦打ち小屋」

Showamura11

スワンボート乗り場の池と、
緩やかな坂道を上って行きます。

Showamura12

橋を渡ると奥には「おはな牧場」に「里山ふれあい牧場」。
ここから戻る道沿いには、
昭和時代が懐かしい古い民家や建物があります。

Showamura13

昭和初期に建てられた木造校舎「双六学校」、
土・日や特別日にはいろんな体験が開催されます。

Showamura14

「山之上商店」
岐阜県中津川市の加子母から移築された古民家で、
どぶろく造りを見ることができるほか、
土・日には特製のどぶろくうどんが食べられます^^;

Showamura15

ここからは道が二手に分かれて
山間を通る道もありますが、
この日は石段を下りて「やまびこ学校」側へと出ました。

Showamura16

2階建ての木造校舎はレトロ感があり、
建物内には”昭和パビリオン”として、
昭和時代の街並みや民家が再現されています。

Showamura17

戻る途中、
先に見える橋を渡りチョッと立ち寄り ^^;

Showamura18

この建物は「昭和村役場(朝日村旧庁舎)」で、
岐阜県朝日村(現 高山市)の庁舎が移築されたもの。
昭和13年築で当時としてはモダンな建物だったとか。

園路に戻って先へ行くと「遊びの広場」

Showamura19

”じゃぶじゃぶ池”や乗り物などがあり、
家族連れで楽しめるところです ^^;

Showamura20

「遊びの広場」を抜けると、
軽食や食事処のある休憩場所の「どんぐり広場」。

Showamura21

その片隅、少し奥まったところにあるのが、
芝居小屋と映像館「昭和座」。
日本昭和村のイベントホールで、
土日祝日にはいろいろなイベントが開催されるようです。

ここでちょうど「日本昭和村」を一周してきました ^^;
ところで、
8年前に見に来た”ひまわり畑”は少し戻ったところ。

Showamura22

ちょうど園内の入口と中央部にありますが、
今年はすでにお終いでした。

今回はただ園内を回るだけでしたが、
園内に流れる昭和歌謡を聞き、口ずさみながら・・・^^;
久しぶりに楽しんだ「日本昭和村」でした。  camera 18日

2016年8月23日 (火)

舎那院のフヨウ

滋賀県長浜市宮前町にある「舎那院(しゃないん)」。
「芙蓉(ふよう)の寺」として知られていますが、
今年は暑かったこともあり早くから咲き始めたようで
今がちょうど見ごろとの情報に出かけました。

いつも楽しみのしている「舎那院」ですが、
いつもタイミングが合わず
今回は最新の情報に期待していました。

Nagahama01

山門脇のフヨウ
花は少なくたくさんのつぼみらしきものがあります。
これはどうやら終花(花殻のあと)が乾く前のようで、
すでに乾いて茶色く実になったものもあります。

Nagahama02

境内へ、
情報とはうらはらに、やはり花が少ないです。

Nagahama03_2

悩まされるつぼみと終花(乾く前)です。
チョッと分かりやすいところを撮ってみましたが、
すでに乾いて実になったものもありますね。

Nagahama04

花芽が出ているのはもちろんつぼみ ^^;

Nagahama05

本堂前
左にあるのは酔芙蓉

Nagahama06

こちらはまだ蕾が多く、
まだ一輪だけ咲いている状態です。

Nagahama07

こちらのフヨウもつぼみがあり、
これから咲くようです。

Nagahama08

Nagahama09

本堂横です。
この辺りはつぼみと終花が混ざります。

Nagahama10

本堂裏

Nagahama11

やはり同じ状態ですが、
終花が多くはっきりと見分けがつきます ^^;

毎年見に来て悩むフヨウですが

Nagahama12

朝に開いて午後にはしぼむ「一日花」、
なかなか見ごろのタイミングが難しいです ><;

Nagahama13

境内裏手に咲く白花フヨウ。
どうやらつぼみは細長いようですね。

境内には約200株のフヨウがあり、
情報では今月いっぱいは楽しめるという・・・。
今年も悩まされた「舎那院」の芙容でした。   camera 22日

2016年8月22日 (月)

美濃 町屋回廊 ~涼の音~

今年もまた美濃市”うだつのあがる町並み”で行われている、
「美濃 町屋回廊~涼の音散策~」に出かけました。

”美濃風鈴が奏でる涼やかな音色に癒される・・・”
毎年のことで変わりばえのしない夏のイベントですが、
これだけ猛暑が続くと気持ちだけでも涼をと思いながら・・・

Mino01

着いた”うだつのあがる町並み”は、
途中から雨になりました ><;

Mino02

まだ時間も早く町も動き始めたばかりで、
人の姿は少なく静かです。

Mino03

暑い町並みをクールにと始まっている”打ち水作戦”も
雨のおかげで出番なし ^^;

Mino04

生温かい雨にうたれてめぐる町並み

Mino05

なんでわざわざ雨に中を歩くの?と

Mino06

たぶん、思われるでしょうが・・・

Mino07

さらにひどくなる雨にたまらず

Mino08

観光案内所の番屋で雨宿り ><;

Mino09

小止みになっての散策再開

Mino10

まぁ、好きこそものの・・・でしょうか

Mino11

好きな町ならば、でもあります ^^;

Mino12

雨に霞むうだつのあがる町並み

Mino13

”打ち水作戦 in 美濃”

Mino14

夏ならばのイベントですが

Mino15

金比羅山「宝勝院」
町なかをひとめぐりしたら雨が上がりました ><;

町家の軒先に飾られた風鈴の音を聞きながら
「うだつのあがる町並み」散策は、
打ち水ならぬ雨にうたれてのひとときでした。 camera 18日

2016年8月21日 (日)

白川郷 合掌造り集落

雨の乗鞍岳行きを中止したため時間がありました。
高山市内の散策もいいかと思いましたが、
久々野から国道41号線を走りながら目指したのは、
いまさらですが・・・世界文化遺産の白川郷です。

中心街への進入禁止が実施される以前に出かけて以来
久しぶりの白川郷。
この日は平日とはいえ「せせらぎ公園駐車場」は満車で、
集落の南端にある「みだしま公園臨時駐車場」へ。

Shirakawago01

集落の南にある「田島家養蚕展示館」

ここでもしばらく待っての駐車でしたが、
ここから荻町合掌集落を一周します。

Shirakawago02

中心街へと行く途中から見えるのは、
「せせらぎ公園駐車場」と集落を結ぶ「であい橋」。

今回もまた長くなりますが、
合掌造りの建物を見ながらの集落散策です。

Shirakawago03

すぐに「白川八幡宮」を見ると

Shirakawago04

集落中心部の本通り、
この先で合掌造りの建物が多い”東通り”へ。

Shirakawago05

平日とは思えぬ人出に、
いまさらながらその人気には驚かされます ><;

Shirakawago06

「明善寺」
茅葺き屋根で1階に板庇(ひさし)をつけた
珍しい鐘楼門です。

Shirakawago07

この辺りは合掌造りの建物が集中する見どころですが

Shirakawago08

今回はただ見て通りすぎるだけ、
目指すは「萩町城跡展望台」です ^^;

Shirakawago09

集落の外れから城跡へと向かう、
こちらはなだらかな坂道。

Shirakawago10

定番です!
天守閣展望台から眺める荻町合掌集落の
東通り側と

Shirakawago11

西通り側集落、
そして奥には南にあるみだしま公園駐車場と
合掌造りの建物が見えます。

Shirakawago12

別角度の城址公園展望台から ^^;

ここは萩町城跡
わずかに残るその面影を見て山道?を下ります。

Shirakawago13

下りたところは国道360号線脇
この先は天守閣展望台から天生峠へ続く道。

Shirakawago14

本通りに戻ると、
国重文「和田家」とその前にある”スイレン池”

Shirakawago15

この辺りは集落中心部の北側、
本通りを少し行って今度は西通りに入ります。

Shirakawago16

集落の西を流れる荘川

Shirakawago17

Shirakawago18

こちらも趣のある合掌造りの建物が続きます。

Shirakawago19

夏の白川郷

Shirakawago20

「本覚寺」の”おおたザクラ(県天然記念物)”

Shirakawago21

西通りの中心部?から本通り側

Shirakawago22

Shirakawago23

右に「秋葉神社」の鳥居をくぐると、
総合案内所のある「せせらぎ公園・駐車場」と、
集落を結ぶ”であい橋”です。

Shirakawago24

本通りに戻ってちょうど集落をひと回り ^^;

Shirakawago25

あとは「みだしま公園駐車場」へと戻るだけ。

この日は施設の見学もなしでただ歩くだけでしたが、
過去の記憶を思い出しながら
懐かしい白川郷萩町合掌集落の散策でした。 camera 17日

2016年8月20日 (土)

アルコピアひまわり園

「ほおのき平スキー場」のコスモス園とひまわり園で、
見ごろのヒマワリを楽しみましたが、
雨の乗鞍行きを中止したため時間ができました。

ヒマワリで思い出したのが
同じ高山市久々野にある「アルコピアスキー場」のひまわり園。
まだ見ごろとの情報はなかったですが・・・走ります。

Arkopia01

着いたのはいいんですが・・・花が ><;

Arkopia02

”ひまわり小道”の入口にいた山羊さん。

ひまわり園の除草?と
イベントで子供たちのお相手のようですが

Arkopia03

ひまわり園は咲く花よりも、
タデ類など、かなりの雑草が目立ちます ><;

Arkopia04

Arkopia05

これはチョッと・・・、どころか大誤算 ><;

Arkopia06

ちょっと載せるのには躊躇する開花状況 ><;

Arkopia07

ひまわり小道も花がなくては今ひとつ^^;

ちょっと来る時期を間違えたか?
とはいえ、閉園は今週末(21日まで)ですが・・・
これは延長ありでしょうか?

Arkopia08

約20万本が植えられているというヒマワリ、
これはかなり微妙です。

Arkopia09

一応全体が見れる展望台がありますが・・・
花はご覧のとおり。

Arkopia10

初めて見るだけにちょっと、チョッと?でした ^^;

初訪問の「アルコピアひまわり園」。
ゲレンデを覆う黄色の絨毯!と、なるのでしょうか?
ただ、???のひまわり園でした。   camera 17日

«ほおのき平コスモス園