2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年11月13日 (火)

曽木公園の紅葉

「川見四季桜の里」のあとはこちらも久しぶり ^^
北に15分ほど走った土岐市曽木町にある「曽木公園」です。
ここも紅葉では知られるところですが、人気はそのライトアップ ^^;
池に映る”逆さもみじ”ではあまりにも有名 ^^;
もちろんライトアップは見たことがありません ><;

久しぶりでしたが、紅葉は少し早い感はあるものの・・・綺麗です ^^

Sogip01

入口から順不同ですが、一応左回りで ^^;

Sogip02

Sogip03

Sogip04

”逆さもみじ”がウリだけに大小いくつかの池があますが、
やはりその周辺に色づく紅葉が見どころでしょうか。

Sogip05

ライトアップの”逆さもみじ”とは比較になりませんが、
昼間でも少しは”逆さモミジ”が楽しめます。

Sogip07

ただ、この日はちょっと風が強く鏡に映るようにとはいきません ^^;

Sogip08

Sogip09

山側

Sogip10

散りモミジもまた良し!でしょうか ^^

Sogip11

Sogip12

まだ少し早い感があるものの散り葉も多く、
今年は見ごろの時期が早いのかもしれませんね。

Sogip13

入口に戻ってきました。

今年のライトアップは18日(日)までのようですが、
すでに十分に綺麗な紅葉が楽しめました。  camera 10日

2018年11月12日 (月)

小原 川見四季桜の里

久しく訪れていなかった愛知県豊田市小原の里。
もちろん、この時期は里全体が四季桜で埋め尽くされる有名どころですが、
今年の四季桜はどうなっているのか?実に5年ぶりでした ^^;
小原の里を走りながら咲く四季桜を探しますが・・・
いつもはいたるところで見れる四季桜がなぜか?見あたりません。
どうもとは様子が違うと思いながら着いた「川見四季桜まつり」会場。

Obaras01

Obaras02

山全体に霞みがかかったように咲く花のイメージがなく、
もう終盤かと?思っていたら・・・
”見ごろはこれからです”と言われて・・・また??

Obaras03

サクラに覆われた山への道を行きますが、
どう見てもあの見事なボリューム感がないです ><;

Obaras04

咲いてはいますが

Obaras05

Obaras06

登りながら見る桜も花数も少なく・・・
私的にはどうしても終盤にしか見えませんでした ><;

Obaras07

Obaras08

ただ、これまで訪れていたのは11月の中旬以降だけに、
やはり見ごろはこれからなのか・・・その辺りはよく分かりません ^^;

Obaras09

まぁ、咲いている木はこんな感じでところどころでみれましたが、
早々に切り上げて隣にある「川見薬師寺」の紅葉でした。

Obaras10

登る石段は163段。
(四国88霊場にちなんで88段、女性の厄33歳にちなんだ33段、
そして男性の厄42歳の42段と合わせて163段です ^^)。

Obaras11

無尽堂に

Obaras12

薬師堂

Obaras13

境内からの紅葉です ^^

Obaras14

そして、田代川散策路でしたが、四季桜は・・・?

Obaras15

四季桜、可愛い小さな一重5弁の花で、
春と秋(~12月初旬まで)の2度咲きですが、春は花が少ないです。

今年はとても綺麗とは思えない咲き様でしたが(私的に ^^;)
まだ早かったのか?それとももう終盤なのか?
ちょっと複雑な思いの「川見四季桜の里」でした。   camera 10日

2018年11月11日 (日)

秋ヒマワリ園 開園中!

秋のヒマワリと、まだコスモスが咲いているとの情報に、
紅葉の「永源寺」から向かったのは、
ちらも東近江市にある道の駅「愛東マーガレットステーション」です。

秋のヒマワリも珍しいですが、それもこれから見ごろを迎えるという。
永源寺から北西に少し走れば到着 ^^;

Aitoms01

咲いているのは道の駅の南東側で、ひまわり畑は2面あり、
建物の横にある畑はまだつぼみばかり ^^;

Aitoms02

Aitoms03

情報どおり?咲いてはいますがまだつぼみが多く、
咲き揃うのはこれからのようです。

Aitoms04

Aitoms05

まぁ、この時期に見れるヒマワリも珍しいですが

Aitoms06

少し違和感があるのはなっぜでしょうか?^^;

Aitoms07

やはり晩秋に咲く皇帝ヒマワリとは違って、
この花は真夏の太陽が似合うようです ^^;

Aitoms08

まだ咲いていないつぼみばかりのヒマワリ畑から、
北にあるコスモス畑へ。

Aitoms09

こちらはさすがに枯れた花が多く寂しい状態、
コスモス畑は国道を挟んだ西側にもありますが、同じように終盤です。

とはいえ、季節それぞれに花を楽しませてもらえる道の駅!
さすがに人気の「愛東マーガレットステーション」でした ^^  camera 8日

2018年11月10日 (土)

続・永源寺の紅葉

東近江市「永源寺」の紅葉。
羅漢坂から裏参道の東口まで、色づいた紅葉を中心に載せましたが、
続きは戻りながら載せなかった見どころの紅葉です。
まだ全体には色づき始めの感がある「法堂」、「開山堂」周辺ですが、
そこはまた多彩なグラデーションが楽しめます。

Eigenjir01

裏参道から「含空院」前に戻って

Eigenjir02

「開山堂」から「本堂」への道

Eigenjir03

Eigenjir04

「開山堂」と「法堂」ではライトアップの関連でしょうか?
堂内には”竹あかり”が並べられていました。

Eigenjir05

Eigenjir06

「法堂」への回廊から眺める紅葉

Eigenjir07

Eigenjir08

少し陽が高くなり、陽の当たる角度が変わり始めましたが

Eigenjir09

「開山堂」から「法堂」周辺、
色づき始めの多彩なグラデーションが綺麗です。

Eigenjir10

Eigenjir11

「鐘楼」横から休憩所「不動明王」に架かる橋をくぐります ^^

Eigenjir12

Eigenjir13

「山門」手前から表参道

Eigenjir14

愛知川沿いとそれぞれに楽しんだ紅葉でした。

Eigenjir15

戻った「羅漢坂」

東近江市「永源寺」の紅葉。
今年もひと足早く色づいて、すでに一部では見ごろでしたが、
全山が見ごろを迎えるのもまもなくです。   camera 8日

2018年11月 9日 (金)

永源寺の紅葉 東近江市

東近江でも比較的早く紅葉の見ごろを迎える「永源寺」。
紅葉情報は”境内奥が色づいている”とのことでしたが、
そこに植えられているのは”開山御手植えの楓”。
永源寺でもひと足早く見ごろを迎える真っ赤なモミジで、
これまでの経験からでもすでに見ごろのはず・・・と思っていました ^^;

今年も最初の紅葉は近江湖東の「永源寺」からです。

Eigenji01

まずは順を追って行きますが、最初が「羅漢坂」
まだ染まり始めです。

Eigenji02

Eigenji03

総門前や
門を入った受付周辺辺りからは少し綺麗な紅葉が見れます。

Eigenji04

愛知川沿いの紅葉はすでに見ごろ ^^

Eigenji05

山門周辺

Eigenji06

くぐって休憩所の「不動明王」前、
この辺りは例年どおりの染まり様でしょうか。

Eigenji07

「鐘楼」横から本堂東へと続く紅葉は比較的早く見ごろを迎えるところで、
情報にあった境内の奥はここからになります^^

Eigenji08

「法堂」・「開山堂」周辺はまだ少し早い感じもありますが、
それは後にして、見ごろは「含空院」前にかけて染まる紅葉・・・

Eigenji09

いちばん奥にあるのが”開山御手植えの楓”です^^
まだ少し早い感じはしますが、
グラデーションが楽しめるこれぐらいの色づきもまたよろしいかと ^^;

Eigenji10

Eigenji11

まだ全体には真っ赤とはいきませんが・・・綺麗です ^^

Eigenji12

「含空院」横から境内の東口へと行く道筋。

Eigenji13

Eigenji14

東口周辺、
ここは黄色が混じった紅葉が見れるところ ^^;

Eigenji15

綺麗に色づいています。

ざっと境内の西から東へと見ごろのところを見てきました。
ここから戻りますが、途中載せなかった紅葉はこのあとに ^^
彩りのグラデーションを楽しみます。    camera 8日

2018年11月 8日 (木)

皇帝ヒマワリ咲き始め!

この日は朝から青空が広がる好天でしたが、なかなか遠出ができず、
気になっていた皇帝ヒマワリの様子を見に
岐阜県海津市の「木曽三川公園センター」に出かけてみました。

Sansenh01

公園の芝生広場南隅に植えられた皇帝ヒマワリですが、
昨年よりは開花が遅れていて花数はまだ少ないです。

Sansenh02

まだ蕾が多いですが、開花時期は晩秋から降霜までと、
夏のヒマワリと違って秋から初冬の花。

Sansenh03

この花も皇帝ダリアと同じ”短日植物”で、
昼の時間が短くなったと感じると花芽を付けるという。

Sansenh04

Sansenh05

見ごろになるのはこれからです ^^

Sansenh06

木曽三川公園センターでは冬のイルミネーションに向けて
すでに準備が始まっています。

Sansenh07

三川池に準備中の一部の施設

ウインターイルミネーション「冬の光物語」は
例年11月下旬からですが・・・詳細はまだのようです^^  camera 7日

2018年11月 7日 (水)

揖斐川町坂内もろかの里

しばらく好天が続いたかと思えば、また不安定な天気予報に、
手近な山の紅葉でもめぐってみようかと、 この日は岐阜県斐川町でした。
「谷汲山華厳寺」参道や「横蔵寺」境内はまだ色づき始め ^^;
日差しがあれば綺麗なところもありそうでしたが、あいにくの曇り空で通過!
国道303号線に出て揖斐川町の西北端にある坂内(さかうち)へ。

途中ではところどころで紅葉が楽しめますが・・・いまひとつ ^^;

Ibimoroka01

国道に架かる坂内「新大橋」からの紅葉。

このあと国道を離れ、県道274号線(揖斐高原線)に入って
6キロほど走った諸家(もろか)の里へと走ります。

Ibimoroka02

途中の道沿い
Ibimoroka03

ときどき現れる紅葉やススキを楽しみながら、
集落を少し抜けた「諸家集会場」の広場に車を停めました。

Ibimoroka04

集落の入口からあらためて散策ですが・・・
ここは2010年に一度訪れたことのあり、そのときの印象が強く、
まずその変わり様に驚きました。

Ibimoroka05

当時は”四季を語らう もろかの里”として工芸体験など、
いろんな体験や見学もできた山里の観光地?でもあったところ。

Ibimoroka06

各民家を回って楽しんだ記憶がありますが・・・
この日は平日だから?ということでもなく、
そうした面影はわずかにこうした案内板に残るだけです。

Ibimoroka07

あえて民家は撮らずに小さい里内を抜けてきました ><;

Ibimoroka08

ここが車を停めた「諸家集会場」の広場。
以前に訪れたときはここまででしたが、
この日はあまりにも寂しく、さらに先へと行ってみました。

Ibimoroka09

この里は標高500mほどのところにありますが、
道はさらに登って行きます。
Ibimoroka10

Ibimoroka11

この里は岐阜県と滋賀県の県境にある山深い山村。
いくつかある峠道のなかでも新穂峠(にいぼとうげ)を越えて
近江の甲津原に至る道。もちろん、歩いての山越えですが ^^;

Ibimoroka12

その里の一番奥にある民家を通り過ぎると

Ibimoroka13

さらに奥にあったのは「春日神社」

Ibimoroka14

Ibimoroka15

由来や詳細は分かりませんが、
9月中旬の夜には例祭の本樂に先立つ前夜祭として、
「神の踊り」が執り行われるという。

道はさらに山中へと続きますが、さて、
この先がどうなっているのか?今回はここまででした ^^;

Ibimoroka16

思っていた懐かしい風景には出会えませんでしたが、
これも過疎化の進む山村の姿かもしれません。

里の入口まで戻って道を左にとると「揖斐高原スキー場です。
そのまま県道40号線で久瀬に出るも良しですが、
この日は来た道を戻って道の駅での遅い昼食でした ^^  camera 5日

2018年11月 5日 (月)

岐阜公園菊人形と岐阜城

岐阜市大宮町の岐阜公園では「菊人形・菊花展」が開催中ですが、
この日は久しぶりに岐阜城への登城?を兼て見物に出かけました。
毎年お馴染みの菊人形と菊花展ですが、
今回は岐阜城への登山(ハイキング)も目的のひとつ ^^;
会場の南口から菊花展を楽しみながら北の登山口へと行きます。

菊花展の配置は例年とほとんど同じですが

  Gifuk01

今回はこの菊庭園から菊人形を中心に ^^; (サムネイルです)

Gifuk02

その傍にあるメインの菊人形
今年のテーマは「信長公、松平元康との再会」です。

Gifuk03

展示場所が少し変わりましたが「物見櫓」

Gifuk04

その前には”千輪仕立て”の菊花

Gifuk05

「信長の庭園」南側にある池沿いには、
こちらもお馴染み「茶を愛した信長の思い」がテーマの菊人形です。

Gifuk06

公園の紅葉はまだ青葉ですが、
金華山頂上の紅葉に期待して ^^;ハイキングコースに入ります。

この日はいつもの”めい想の小径”から、
途中で分かれて山頂へと急登する”馬の背登山道”を行きます。

Gifuk07

いちど下山に使ったことがありますが、
そのときは上りに使った方が楽だと思った道 ^^;

Gifuk08

距離的には1,100mと短いですが、
ちょうど岐阜城直下へと直登するだけにかなりの傾斜です。

Gifuk09

馬の背らしいところを選んでいますが ^^;
岩場も多く、木の根を踏むところもあり、他とはひと味違った道です。

Gifuk10_2

登ること約40分、(案内のコースタイムどおりでした ^^;)
岐阜城直下の遊歩道に出ます。

Gifuk11_2

遊歩道から西側に見えるのは「メモリアルセンター」のある市街地北。

Gifuk12_2

そして岐阜城の紅葉、
期待していましたが・・・残念ながらまだ染まり始めでした。

この日は土曜日(祝)で山頂はたくさんの人でしたが、
下山に使った”めい想の小径”も多くの家族連れで賑っていました。
岐阜公園の紅葉も見ごろは中旬以降のようです。   camera  3日

2018年11月 3日 (土)

紅葉めぐり国道ドライブ

御在所岳の紅葉も今は山腹辺りが見ごろとの情報に、
これからのロケハン?も兼て鈴鹿山系の山間を走る国道をドライブ ^^;
まだ早いと思いながら周辺の紅葉をめぐってみました。

日野のコスモス畑を先に載せましたが、
この日のルートは何度か走っている国道421号線の奥永源寺から、
日野町を経由して国道477号線鈴鹿スカイラインに入り武平峠まで。
途中の紅葉の染まり具合を見ながらのドライブでした ^^;
国道421号線の石博トンネル滋賀県口はまだ色づき始めでしたが、
下って杠葉尾(ゆずりお)集落です。

Koyo01

この辺りは有料キャンプ場が多いところで、
夏は賑いますがいまは静かな山間の集落です。

Koyo02

流れる愛知川周辺の紅葉が染まり始めていい感じです ^^

Koyo03

Koyo04

キャンプ場内は無断での立入りになるため ><;
とりあえず入口からですが、まもなく見ごろになるようです。

Koyo05

Koyo06

こちらは国道側からですが、山はまだ色づき始めでした。

途中にある「永源寺」もまもなく見ごろを迎えそうですが、
通過してそのまま日野町へと走り、
先に載せたコスモスを見て国道477号線に入ります。

Koyo07o

日野町から土山町大河原に入って、
ここは何度か訪れている「大河原園地」。

Koyo08o

ここもまだ染まり始めたばかりですが・・・それよりも

Koyo09o

園地にはいつからか?オートキャンプ場ができていました。
ここには野洲川を挟んで大河原温泉「かもしか荘」もありますが、
綺麗なバンガローが建ち並んで、ちょっと様変わりでした ^^;

Koyo10o

Koyo11o

紅葉もまもなく見ごろのようで、あらためて来たいところです。

ここから野洲川ダム沿いを走って旧鈴鹿スカイラインに入ります。
その旧料金所手前にある園地跡

Koyo12s

ここも紅葉が綺麗なところですが、
すでに数本あるモミジの木が染まっていました。

Koyo13s

Koyo14s

廃跡になってから立入りが制限されていましたが、
今は近くのスペースに車を停めて楽しむ人も多いようです ^^

国道477号線は武平峠でトンネルを抜けると三重県に。

Koyo15s

峠の駐車場から眺める紅葉は鎌ヶ岳側

Koyo16s

そして御在所岳側ですが・・・紅葉はまずまずでしょうか。
リニューアルした山上の展望レストラン”ナチュール”が見えます。

紅葉のロケハンも兼ねての国道周遊ドライブでしたが、
天気は秋晴れも、紅葉にはやはり早すぎました ^^;
麓が見ごろはなるのはもう少し先になりそうです。  camera 1日

2018年11月 2日 (金)

日野のコスモス畑

何度もコスモスはもう見納めといいながら・・・またコスモスです ^^;
この日は紅葉めぐりのロケハン?を兼て国道421号線石博峠から、
日野町経由で国道477号線の鈴鹿スカイラインへとドライブでした。
走る途中、日野町西大路に入って目に入ったのがコスモス畑!
まだ綺麗に咲いているのを見て思わず車を停めました。

ここもお馴染みのところですがもう終わったと思っていました。
今年は北側の「ブルーメの丘」に近いところにも畑があり、
まずはそのコスモス畑から ^^;

Hinok01

「ブルーメの丘」との間には池がありますが、
ちょうどその下にあるコスモス畑。

Hinok02

この場所で見るのは初めてでしたが、
いつもながら見事なコスモス畑です。

Hinok03

Hinok04

今年はいつもと違って畑が分散しているため、
少し畑間を歩くことになりますが


Hinok05

場所が変わって、
こちらはいつも見ている西大路交差点の傍。

Hinok06

県道を挟んだ西側、
歩いて移動しているうちに陽が陰りましたが ><;綺麗です。

Hinok07

そしてこちらが東側のコスモス畑です。

Hinok08

また陽が差してきました ^^;
こちらも傷んだ花は少なく綺麗に咲いています。

Hinok09

これまで見たよりは半分ほどの広さですが、
ここのコスモス畑はいつもながら見応えがあります。

Hinok10

眺める山は綿向山 ^^

いつもは10月中旬に見る日野のコスモス。
点在するコスモス畑をすべて見ることはできませんでしたが、
11月とは思えないほどの見事なコスモスでした。   camera 1日

2018年10月31日 (水)

飯田街道 四郷から足助へ

少し間が空きましたが、以前に歩いた「飯田街道」の続きです。
この日は愛知環状鉄道四郷(しごう)駅からの再開でしたが、
この道筋には旧街道らしき場所に観音堂や常夜灯が多くあります。
また、旧名鉄三河線の廃線跡をたどることができて飽きません。
今回は特にそんな旧鉄道跡とともに、紅葉前の足助までです。

Iidaka01

四郷駅から下古屋の通りに入って旧道を探しながらのスタート ^^;
少々分かり難い、細い旧道を天道、井上町の集落を抜けて行くと

Iidaka02

広大な「豊田市運動公園」の傍を通ります。
この日は平日でしたが、多くの方が散策中 でした ^^
通りすぎると御船町に入ります。

Iidaka03

すぐにあるのが旧名鉄三河線の「御船駅」跡。
今は「ふれあい広場」になっていますが、以前は吉良吉田から
中金町の「西中金駅」を結んでいた三河線の廃線跡です。

この先で東海環状道をくぐりますが

Iidaka04

そのすぐ先、畑のなかに建つ「御船城跡」の碑と説明板。
道から遠いため近付けず詳細は分かりませんが、
文明二(1470)に応仁の乱で戦功のあった児島右京亮義明が、
御船、亀首、加納を領有し館を構えたのが始まり・・・とか。

ここから奥山畑、坂上、枝下(しだれ)と歩き、猿投グリーロードをくぐると、
先に見た旧三河線の枝下駅から延びる廃線跡があります。

Iidaka05

旧街道は前田地区で矢作川を船で渡ったようですが、
今はその線路を横切って「両枝橋」で渡ります。

Iidaka06

その矢作川、手前の左右に渡船場らしき跡が見えますが・・・?
橋を渡り道は川の反対側を戻るように石野町稲上の集落へ。

Iidaka07

ここでも分かり難い道を探しながら、グリーンロード北側の道へ出ます。
ここから道はゆっくりと登って行きますが・・・ひと汗掻いて

Iidaka08

着いたところに建っていた祠。ここが「力石峠」の頂部でした ><;
道はここから林の中を急降下して行きます。

Iidaka09

出たところが国道153号線。
石野郵便局の横に香嵐渓までの距離表示がありますが、
これは11月から始まる”紅葉まつり”のためのものでしょう。

ここからは長い国道歩きになりますが

Iidaka10

途中、中金町にあったこの駅舎が旧名鉄三河線の終着駅、
「西中金駅」跡です。

Iidaka11

残されていたプラットホームの先に延びる線路の先は行き止まり。
鉄道は三河鉄道時代に足助まで延伸される予定でしたが、
目的は達せられずにここで終わっています。

ここからは国道と付かず離れずにある集落内の道を行きます。

Iidaka12

野口町では”ふれあいの道・しゃくやく街道”なる道へ。
この町は野口雨情の祖先ゆかりの地ということでその碑があります。

あとは中切町までのどかな道を行き、井ノ口町で国道に戻ると

Iidaka13

すぐに追分の交差点ですが、ここから足助大橋までは約2km。

Iidaka14

旧道はその足助大橋を渡らずに直進、
巴川沿いの道に入って足助の宿へと向かいます。

Iidaka15

足助宿町西の入口にある「馬頭観音」。
(左屋根の先に見えるのは芭蕉句碑 ^^;)
道を真っ直ぐ進めば足助の古い町並み中心部ですが

Iidaka16

色づき前で紅葉もまだこれからの香嵐渓を眺め ^^;

Iidaka17

旧街道は川沿いを下って行きます。

Iidaka18

渡る橋は「落合橋」

Iidaka19

左に「足助交流館」を見て、ひと筋南の西町に入って直進

Iidaka20

旧街道の辻に建つ弘化2年(1845)の道標。
「右ほうらいじ道  左ぜんこうじ道」とあり、
ここが中馬街道(飯田街道)と遠州街道の分岐で飯田街道は左 ^^;
細い道をひと回りして

Iidaka21

出たところが「足助商工会」前。
旧街道は右に「中橋」を渡って足助川右岸へ

Iidaka22

新町「天王社」を右に曲がるとお馴染みの足助の町並み。
新町、本町、田町へと続く道ですが・・・この日はここまででした。

名古屋の「札の辻」から赤池までを歩いて以来、
いつか足助まではと思いながら、長い間の中断でしたが ><;
ようやく足助までを歩き終えた「飯田街道」でした。  camera 30日

2018年10月30日 (火)

なばなの里のダリア

朝晩はめっきり寒くなり秋らしくなりましたが、季節の花も終盤です。
このところ遠出もできず、花ネタの頼みはやはり近場の「なばなの里」 ^^;
もちろん今はイルミネーションですが、
”花ひろば”ではそれまでの時間までコスモスとダリアが楽しめます。

この日はコスモスもさることながらダリアでした。
Nabanah01

早咲きで傷んだコスモスはすでに抜かれ始めているため、
咲いている花やエリアは少なくなっています。

Nabanah12

それでもかなりのエリアが残り、全体では6分咲だとか ^^;
そのコスモスを見ながら”見ごろ”というダリア花壇へ。

Nabanah02

以前にいちど載せてはいますが、
今回もコスモスを取り巻くようにあるダリア花壇の奥(南側)からです。

Nabanah03

Nabanah04

Nabanah05

大輪、中輪、小輪から、超巨大輪、極小輪にボール種など、
多くの種類のダリアが咲いていますが・・・情報どおり見ごろです ^^

Nabanah06

とにかく多い花種のダリアだけに、いつものように花名は省きます。

Nabanah07

Nabanah08

特に意味があって選んだ訳ではありませんが・・・
見て行くままに目についた中から一部を順不同に ^^;

Nabanah09

ちょうどダリア花壇の中央部

Nabanah10

この先の花壇には大輪が多くなります。

Nabanah11

コスモスはすでに中央部が整地されています。

Nabanah12_2

超巨大輪

Nabanah13

これは極小輪のダリアで世界最小の”雄和小町”とか。

Nabanah14

中輪ボール種の”ルパン”

Nabanah15

ほゞ全種が咲いて見ごろを迎えているなばなの里のダリアでした。

さすがに有料施設だけに見事なダリアの数々ですが、
「花ひろば」はすでに始まったイルミネーションのために、
その点灯式が始まる夕刻までの開場です。   camera  29日

2018年10月28日 (日)

東員コスモス満開!

先に今年のコスモスももう見納めに・・・などと書きながら、
続けてコスモスではサマにもなりませんが ><;
綺麗なコスモス畑を見るとどうしても撮りたくなります ^^;
この日はちょっと買い物に出かけた東員町でしたが、
ちょうどコスモス畑の横の道を通通ったら満開のコスモスです。
これは見逃せないと帰りに立ち寄りました。^

Toincb01

以前に載せたときは咲き始めたばかりの北側の一部でしたが、
この日はそのときにはまだ咲いていなかった南側からです。

Toincb02

南から東へ、そして北へと畑を回り込んで行きますが

Toincb03

Toincb04

さすがにここのコスモス畑は満開になると広いだけに見応えがあります。

Toincb05

Toincb06

ただ、近づくと花殻も多くあり、今がピークでしょうか?

Toincb07

東の端から眺めるコスモス畑!
発育不足で花の少ない畑もありますが、こうしてみると分かりません ^^;

Toincb08

Toincb09

北側から歩いてきましたが、反対側から東員庁舎方面、
逆光のコスモスは後ろ姿です ^^;

Toincb10

お馴染みの黄色いガタンコも撮ってきました。
この日はコスモスを撮る予定がなく、
レンズは35ミリの単焦点レンズだけで、電車は遠くに ^^;

もうコスモスは見納めと思いながら、
思わぬ東員のコスモス畑を楽しみました。   camera 27日

2018年10月26日 (金)

菰野町 川北のコスモス

今年も菰野町ではいくつかのコスモス畑があるはずですが、
情報を探すまでもないかと、この日見たのは田光(たびか)と、
川北地区(鵜川原)のコスモス畑だけでした。

その川北地区のコスモスです。

Kawakita01

ここはいつも御在所岳に出かけるときに通る道筋 ^^

Kawakita02

コスモス畑は県道の東側にありますが、
その東端にあるコスモス畑から

Kawakita03

西側の山側(鈴鹿山脈)へと続く広い畑です。

Kawakita04

Kawakita05

ここも鈴鹿山脈が望める絶好の場所ですが、
いかんせん、知る人ぞ知る・・・そんなところでしょうか?

Kawakita06

Kawakita07

Kawakita08

見に来られる人も少なく、
ちょっともったいないようなコスモス畑!

Kawakita09_2

Kawakita10

すでに花殻もありますが、まだつぼみも多くあり、
こちらの見ごろはまだしばらく続くようです。

今年は見ごろのタイミングが難しくかったコスモスですが、
我がブログもこれがどうやら見納めになりそうです。
次はもう紅葉の様子が気になる頃になりました^^;   camera 24日

2018年10月25日 (木)

菰野町 田光のコスモス

各地のコスモスもすでに終盤のところが多くなってきようですが、
我がブログもなかなかタイミングが合いませんでした。
もう見納めになりそうなコスモス、最後はどこにしようかと思いながら・・・
この日は気になっていた菰野町田光(たびか)のコスモスでした ^^;

”コスモスまつり”は7日(日)の予定でしたが開花が遅れたこともあり、
先の20日(土)に延期がされていました。
そのまつりも終わったあとです ^^; さて花は?

Ktabika01

今年のコスモス畑は国道306号線と県道616号線が交差する北側、
朝上小学校に面した場所です。

Ktabika02

Ktabika03

ちょうど鈴鹿山脈をバックに広がるコスモス畑!

Ktabika04

こちらは広い畑のいちばん東側、
ここから山側(西側)へと植えられたコスモスです。

Ktabika05

山側(西側)へと見ていきます。

Ktabika06

田光のコスモス畑でも人気のキバナコスモスはいちばん西側に ^^;
見た目は満開で綺麗ですが・・・

Ktabika07

Ktabika08

キバナコスモスとその隣に咲くピコティ?はすでに終盤 ><;

Ktabika09

そしてコスモスも終盤近しか?すでに花殻が多いです ><;

Ktabika10

Ktabika11

Ktabika12

秋空のなかで咲き乱れるコスモスもその花殻が目に付いて、
ちょっとアップで撮るにはツラいところ ^^;

Ktabika13

戻った駐車場側こあるコスモス畑、
こちらは少し開花が遅かったのかまだ見ごろで綺麗でした。

花は終盤とはいえ、ここは広いコスモス畑だけに、
一部では綺麗なところもあり、まだしばらくは楽しめそうです。
このあとは、同じ菰野町川北地区のコスモスです ^^   camera 24日

«熊野古道 女鬼峠